meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

『人間にとって科学とはなにか』科学という宗教

f:id:meta-kimura:20171121164540j:plain

 キリスト教イスラム教、仏教。世界三大宗教に、もうひとつを加えるとしたら、何にするだろうか。人口が多そうだから、ヒンドゥー教か。いや、ここは変化球で考えた方がおもしろい。宗教の意味を広げて捉える。信仰と思えば、民主主義だってひとつの宗教のように見えてくる。となると白人主義なんてのも大きい勢力だろう。合理主義や、ビジネスなんてのも言ってみればひとつの宗教だ。
 と、すれば。4つ目の大宗教には「科学」を加えてみたくなる。論理と言ってもいいかもしれない。1に1を加えれば2になる。売上から費用を引くと利益が残る。酒を飲みたいから、飲む。全くもって当然のことだけれど、その筋道は本当にそうなっているのか。それは正しいのか、どうか。実は自然現象を説明してきたその科学的なロジックに沿うように、わたしたちは信じ込み、そのOSの上で生きているのではないだろうか。

●◯。。。...

 『人間にとって科学とは何か』を読んだ。今年の秋に、近畿大学のビブリオシアターで見つけてから、ずっと気になっていた本だった。科学の考え方を絶対視しないことを、科学相対主義というらしい。科学の大家たる湯川秀樹も、梅棹忠夫も、徹底的な科学相対主義者だったようだ。自分自身がやっていることの土台を積極的に揺るがし、ゆらゆらした中で、それでも突き進んでいった科学者2人の対談本である。わたしの知識が追っつかないところが多々あるものの、それはそれとして横に置いておいて、楽しんで読んでいける本だった。

 考えてみれば、「科学」を英語で言うと「Science」である。サイエンスと言えば、理系のイメージが浮かぶ湯川秀樹は物理学者であるし、梅棹忠夫も出身は理学部である。世に言う「科学的」には理系的な思考、これこれという条件であれば「AならばB」が何度も再現できる、というようなロジカルな印象がある。
 実験して、法則を見つけ出す。論理を組み立てて、法則を予測する。簡単に言ってしまえば、そういうことだ。これはとてもわかりやすい。
 一方で、最近おろそかにされていたりする人文科学というのはわかりにくい。試しにGoogle翻訳で英語にしてみたら「Humanities」と出てきた。サイエンスではないのである。本の中でも、人文はなにをどうやっとるぞ、的な話題が少しだけ出てくる。その疑問に対し、梅棹忠夫が「歴史」と「実証」と応えていたのがおもしろかった。
 歴史は文献である。文献に書いてあることが正しい。新たな文献が出てくると、新しい発見がある。文献に限らなくても、過去の出来事に関しての証拠が大切で、それらの証拠をもとに解釈を組み立てていく。この方法は確かに納得がいくもので、正しい。
 もうひとつの実証は、たぶん社会実験と考えるのがわかりやすいと思われる。何らかの理論や予測があって、それをもとに調査したり、仕掛けたりして本当にその理論や予測が正しいのかを明らかにしていく。これもなるほどと納得できる正しさがある。これらはつまり「科学的」なのだと思う。
 だが、そればかりが人間ではない。文学的なアプローチもあれば、芸術学的なアプローチもあるはずである。人間の認識を、思考を、感情を、心理学や脳科学ばかりに担わせてしまっていいのだろうかという疑問は、僕の中にもずっとあった。では、文学的な方法とは何ぞや。人文知とは何ぞや。この方法が、見えないのである。わからないのである。『私の個人主義』を思い出してしまう。

 私は大学で英文学という専門をやりました。その英文学というものはどんなものかとお尋ねになるかも知れませんが、それを三年専攻した私にも何が何だかまあ夢中だったのです。その頃はジクソンという人が教師でした。私はその先生の前で詩を読ませられたり文章を読ませられたり、作文を作って、冠詞が落ちていると云って叱しかられたり、発音が間違っていると怒られたりしました。試験にはウォーズウォースは何年に生れて何年に死んだとか、シェクスピヤのフォリオは幾通りあるかとか、あるいはスコットの書いた作物を年代順に並ならべてみろとかいう問題ばかり出たのです。年の若いあなた方にもほぼ想像ができるでしょう、はたしてこれが英文学かどうだかという事が。英文学はしばらく措いて第一文学とはどういうものだか、これではとうてい解わかるはずがありません。 (『私の個人主義』 夏目漱石

●◯。。。...

 科学は常に仮説なので、科学は科学を疑う。けれども、科学が科学である限り、そのOS上からは抜け出せないようにも思う。「合理性への信頼とその限界」。この問題をどうやって乗り越えるのかというところには、文系が出しゃばっていっていいのかもしれない。
 東京大学学際情報学府の佐倉統先生が書いたまえがきがとってもいい読書案内になっている。あとがきから読んでいるようなもので、いきなりどっきり結論どーんな感じだけど、お陰で旨みが増した。ごちそうさまでした。

 


m(_ _)m

 

 

J-46 人間にとって科学とはなにか (中公クラシックス)

J-46 人間にとって科学とはなにか (中公クラシックス)

 

 

こんなもんスグできるやろ案件

f:id:meta-kimura:20171107120327j:plain

 お客さんから苦情をいただいたらしい。たまーにあることで、それ自体はどうっていう程のことでもない。流れ弾に被弾したようなもんであって、要は運が悪かった。たまたま電話に出たのがワタシだったのだ。それはみんなもわかっている。わかっているがやるせない。愚痴っぽくて申し訳ない。
 いわゆる、こんなもんスグできるだろう案件であった。このぐらいのこと、スグにできるだろう、ちょっと急げば何とかなるだろう、無理言えばできるんでしょう、そうでしょう。そんな押し込み案件である。こういうのは、結構な頻度で現れる。
 簡単そうに見えても、できないものはできないのである。ここをわからない人が一定割合いるようで困る。写真を撮るなんて、シャッター押すだけでしょー。かんたん、かんたん。ちょちょいとやってきてよー。なんて人に巡り会ったことはないけれど、写真撮影ってそんな複雑なことやっとったんかいな!と驚かれたことならある。デジカメだって現像が必要になることだってあるのだ。
 人が思っている以上に他人の事情はこんがらがっている。メール1通送るのにだって、数日かかることだってあるのである。

●◯。。。...

 この種の案件への対応は、大きく3つの場合に分けられる。どう足掻いても間に合わない場合、無理すれば何とか間に合う場合、余裕で間に合う場合。グラデーションにはなっているが、ざっくり分ければこの3つだ。
 どう足掻いても間に合わない場合の答えはシンプルである。謝って、理解してもらうしかない。なんで謝らなきゃならないのかは不明であるが、そういった文化の中に生きてきたからには仕方がない。申し訳ございませんが、と言うより他ない。厄介なのは2つ目以降の場合である。
 無理すれば何とか間に合う場合は、無下に要求を断ることもできなくて悩む。残業すればできる、他の仕事を横に置いておけばできる、ダブルチェックを省けば、決裁を事後にしてしまえれば。杓子定規にスッパリスパスパ切ってしまえればいいけども、それはそれで角が立つ。うーんと悩んだ末に、仕事だからと引き受けてしまう。
 そんでもって、大体の場合は何とかなってしまう。これがまた悩ましい。無理すればできる、のときは、大抵できる。裏技使ったり、ショートカットしたり、完成度下げたりすることを「できた」と表現していいかどうかは置いておいて、何とかできてしまう。これがよくない。次からはそれが基準にからである。前にできたことは次にもできる。この論理が首を絞めてくる。無理してくれてありがとう、は、次の瞬間には、やってくれて当たり前になる可能性を秘めている。人間はこわい。
 このリスクが、次の場合の対応をためらわせるのである。建前上で無理ですよー、と言ってるだけで、実は余裕で間に合う場合である。余裕で間に合うのであれば、気前よく、ほいさ、できますぜっ旦那、と言えばよい。言えばよいけども、それ、わたしだから対応できるんですぜ、ってときがあるのだ。このやり方をするとスグできる。うまくできる。そんな方法があるとしても、それを後任者ができるとは限らないのである。やり方を引き継ぐことができればよいけども、古今東西、引き継ぎが完璧にうまくいくことなどないし、むしろ引き継ぎなんてないに等しいことの方が多い。
 その結果、ほいさっ、と気前よく返した返事が、ブーメランのようにまわりまわって、将来自分の席に座る人の胸に突き刺さる。実際、前の人はやってくれました!と主張されたことがあった。前の人のサービス精神が、繁忙期のわたしの残業となる。切ない構造であるなと思った。

●◯。。。...

 ゆえに、嘘でもなんでもいいから、作業に余裕を持たせるための演技もするのである。スケジュール見積もるときはちゃんとサバよめよー、と、むかーしむかしに言われたのだ。余裕でも、渋ったり、焦ったりしておけば、相手のサービス当前水準は上がらない。何とか間に合わせたときも、必要以上に汗をかいた雰囲気を装えばいい。
 妙な話なのだ。
 サービスの質を上げるのはよいことなのに、上げないように努力をしているのだから、歪な構造のような気もするのだ。さらに言えば、無茶振りは成長や効率化の機会でもあったりするから、はてさて、どうしたものやらと首を傾げたくなる。
 ただ、質を上げたのであればそれなりの報いがあっていいと考えるならば、無理をきいたときにはチップでも渡して欲しいもんだと思わなくもない。いや、こういう言葉もブーメランするから、控えておいた方がいいのかもしれない。というか、そもそも、無理言ってくるような人がチップとか渡してくれる気がしない。

 

m(_ _)m

 

 

 

根拠と根拠っぽいもの

f:id:meta-kimura:20171107125142j:plain

 統計データを信じてもらえない、という話が我が家の食卓に飛び出してきた。曰く、政府統計のデータを使っているのに根拠として認めてくれない、とのこと。
 策を打つには現状を知らなければならない。それは至極当然ごもっともである。しかし、現状把握と言っても、何でもかんでも今の状況をそっくりそのままトレースできるもんでもない。だから人は統計データだとか、マーケティングデータだとかを使って近似値を求めようとする。それしかないのである。渋谷区の年齢構成を知るために、ひとりひとりをつかまえてインタビューするなんてこたぁ、どだい無理な話なのだ。なのになのに、でもでも、どうやらサンプリングしたり、推定したりした数値を、根拠とは思ってくれないようなのだった。
 そんなに精密でなくてもいいじゃない、とも言いたくなる。というか、そもそもきちんとした統計であればそれなりに正確なのである。なぜに信じてもらえないのか。

●◯。。。...

 人は根拠よりも根拠っぽいものを信じる。根拠にはいくつかの神話があるような気がしてくる。既に加工できるってことを知ってるくせに、写真神話と音声神話はかなり強い。まぁ、たしかに加工するのがめんどい。そのめんどい分のコストをどこか考慮に入れての信仰なのだろう。
 個人的にそろそろ辞めて欲しいなと思うのは、紙もの神話である。システムから抽出した顧客データと、同じシステムからプリントアウトした顧客リストがあるとして、なぜか前者は信用ならんものとして扱われたりすることがあって驚いてしまう。同じデータベースからひっぱってきているのにも関わらず、なのだ。元が同じだから出てくるものも同じなんだけど、結局、それら顧客データを整理するために大量の紙と長時間の人の眼仕事が注ぎ込まれてしまう。またそういうときに限ってデータ入力時のヒューマンエラー対策はザルだったりするから、理不尽というか、社会は容赦がないのである。
 データのまま扱う不安は、わからなくは、ない。わからなくはないから、エクセルの計算式を読もうとする歩み寄りもちょっとはあっていいんじゃないか。確認すべきは入力と出力をつなぐプロセスじゃないか。プロセスが正しけりゃデータを流しこめばいいじゃないか。ないかないかっ。と、いうのはぼくの淡い期待であり、若気の至りに似た何か、だ。これについては半ばあきらめた。
 根拠っぽいものを積極的に使っていった方が、めんどくさくなくてよい。急がばまわれ。まわりたくはないけれど。

●◯。。。...

 要は不安なのだろうと思った。正しい根拠が根拠っぽくないから安心できないのである。ぐらぐらした、キリキリした、そわそわした、その気持ちはどこから出てくるのか。そこが問題になっているような気がするのだ。
 では、根拠っぽさは麻酔なのだろうか。本当にそういうものなのだろうか。

 

m(_ _)m

 

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

 

誕生日を迎えたから、考えていることなどを書き散らしてみる。

f:id:meta-kimura:20170505181419j:plain

 誕生日を迎えて、さんじゅうとちょっとちょっとになりました。24歳ぐらいのときには28歳ぐらいと間違われたものですが、いつの間にやら間違われた年齢を飛び越えて、最近では「大学生さん?」とオバチャン方が間違えてくれます。よいお世辞には、えへへと笑えるぐらいには大人になりました。たぶん。
 このところ、ライスワークとライフワークの切り分けが自分の中で進んでいます。仕事は仕事で、活動は活動で、それらが重なる気配もなく、重ねられるという兆しも見えず、そのことが悲しくもあって、それでもまぁいいかと気楽でもあるような感じです。さらには、ライフワークと考えていることの距離も遠くなってきているようで、実践と思考の行ったり来たりもできないまま、行動意欲だけが減退してきています。自分自身が関わっている活動の意義さえも見い出せぬのは、ちょいとどうしたものかと考えものだったりもします。楽しけりゃいいんですけど、どうも芯がないと落ち着かない性分なのでしょう。

●◯。。。...

 アンニュイな気分を抱えつつ、わたしの頭はスタイルや姿勢や感じや文体といったものに向かっています。人は見た目が9割であり、箱が中身であるようなもので、WhatよりもHowに興味が向かいます。やはりわたしには、「戦争反対!」と絶叫しながらプラカードを掲げて国会に押し寄せる群衆が矛盾しているように見えるのです。ときにはそういった勢いが大切なことも理解できる一方で、狂気は狂気を呼び寄せることにもう少し敏感になった方がいいだろうし、市民活動ならば、それこそ大きな物語と同じ作法で戦っちゃいけないのではないかと思うのです。
 行為に対しては必ず姿勢があります。体がある。同じ商品を同じ営業トークで売るにしても、感じのいい人と悪い人が出てしまうように、そこには言葉が立ち入れないような個性とかスタイルがあるのでしょう。写真で言えば、シズル感のようなものです。広告業界用語ながら、なるほど、シズル写真とシズらない写真がやっぱりある。これはいいなぁ、ヨダレが出ちゃうなぁ、身体が反応しちゃうなぁ、おもしろそうだなぁ、というような写真は、構図だとか、ピントだとか、ホワイトバランスだとか、彩度だとか、そういった次元を飛び越えた名人芸みたいなもので成り立っているように思えてならないのです。鉄道写真家の中井精也さんが「後ろにラブホテル建ってちゃダメだよね」と言ってたのをよくおぼえていて、おそらくそういったほぼスピリチュアルに思えるHowが姿勢であって感じに影響するのではないかと、そんなことを考え、ではそこにアクセスするためにはどこから手をつければとぐるぐるさまよっています。

●◯。。。...

 今、ひとつヒントになりそうなのは「みなし」です。『貨幣の思想史』を読んでから、この「みなし」という言葉の周辺でわっさわっさと何かが組み上がりました。

meta-kimura.hatenablog.com

 そうか、価値というものは、貨幣を価値とみなすことで定義づけられたとも考えられるのか、などという、そんなのお金は信用だって知ったときに気づいとけよ的な、大変に今さら過ぎることに気付いて、そこから、世界は自然層と社会層の2階建て構造で、その2層を「みなし」とか「見立て」が結んでいるのではないか、とゆー夢想にまで膨れ上がりました。インターネットが世に広まる遥か以前から、世界はヴァーチャルな構造で出来上がっていたのかもしれない。と、ぐるぐる巡っていたら『擬 MODOKI: 「世」あるいは別様の可能性』が出たと聞いて、これは読まなければリストに追加されました。

擬 MODOKI: 「世」あるいは別様の可能性

擬 MODOKI: 「世」あるいは別様の可能性

 

 形式よりも中身を、肩書きよりも能力を、という流れには少し待ったをかけなければならないのかもしれません。肩書きも実力のうちに入るだろうし、肩書きが実力の結構な割合を占めるということもあるのでしょう。社長は人間ですけども、社長とみなし、みなされることで、コトが動いていきます。このことを、わたしはもっと重く認めなければならないようです。

●◯。。。...

 たぶん、こんなことをぐっちゃぐっちゃと書き散らしながらわたしが対抗しようとしているのは、今風原理主義とセカイワカレ現象の2つです。
 今風原理主義ってのは、ナマナマした話です。社会を構成するみなしの浮遊感に耐えきれないからか、本物こそが至高、すっぴんが一番キレイで、無農薬が全く美味しいというナマナマ主義がちらほらと目につきます。みなしの否定です。擬態を剥ごうとしているように見える。これ系の話にはある程度まで共感するものの、どうもわたしの肌には合わないようで、どこかにナマナマの悪魔みたいなものが潜んでいる気がしてならないのです。社会的な生き物である限り、みなしからは逃れられないものとした方が健全ではないかと、漠然と考えています。
 もうひとつは、言葉の通じない相手が出てきているということです。合理ってのは、これもあんまり好きじゃないんですけども、それでも「理」はわかるし共有していないとやっていけないところがあります。ところが、どうも話の筋が通らない人やそもそも全く違った「理」のセカイに生きている人がいるようで、それこそ信じられない事例が身のまわりに起きることもあるし、そんな話を聞き、目にすることもちょくちょくあります。それらがモンスターやクレーマーやクラッシャー上司や困ったちゃんになって、日常のストレス度合いの大半を担っているのではないか。個人的に豆腐メンタルなこともあって、これが大問題なのです。良識ある人を増やすというか、セカイを同じくするなり、何らかの手段でもって別世界へと離れてしまわないように、別世界との交渉ができるようにしなければなりません。厳密に考えればどこまでいっても個々人は別世界の住人なんですけどね。

 てなことで、誕生日を迎えました。どういうことになるのであれ、わたしはわたしの役目を勝手に担っていくのだろうなと、他人事みたいに思っています。

 

m(_ _)m

 

 

 

『中国山地 過疎50年』。。。

f:id:meta-kimura:20170930162631j:plain

 最近ぐっと寒くなってしまって、ヒートテックのインナーを着るかどうか、まだはやいか、まだはやいか、踏み切るか、いやいやまだまだ、などと悩み込む季節になってきた。半袖はすっかりお役御免である。一気に衣替えするのも億劫で、物置の中から長袖を1枚ずつひっぱり出す。今度の土日は、次の土日には、と、進む季節に抗うように衣替えを先延ばしにしてしまう。しかし、無情にも季節は進む。
 秋の先には冬が待っている。冬支度をせねばならないのだ。今年のテーマは断熱である。週末、ひとまずはお風呂の大きな窓を二重窓にすべく、ポリカプラダンとレールを買ってきた。ついでに金工用のノコギリも買って、キコキコとレールを切った。プラスチック製の長いレールはよくしなる。なかなか真っ直ぐには切らせてくれない。切って、窓のサイズに合わせてを繰り返していたらスグに日が暮れてしまった。夕方の日産「あ、安部礼司」がはじまったと思ったら終わっていた。それなりな肉体労働と、集中力である。晩ごはんをつくる気力はなかった。

 住むということがこれほどしんどく、消耗するものだとは思っていなかった。どうやら今までの住環境はかなりの部分がレディメイドだったようだ。自分のライフスタイルに合った商品がそこあって、あとはそれを取ればよい。簡単ではあったし、自分なりにカスタマイズはしてきたけども、これほどのDIYをするようになるとは思ってなかった。もともと肉体派でもなし。そこまでの興味も湧かなかった。
 だが今は借家に住む身であり、狭いながらに庭もある。できることが増えた。増えた分だけ、手間も増える。もともとこちらのライフスタイルに合っているわけでもない。合わないものだから、合わせる努力をしなくてはならぬ。オートフォーカスでは味わえない、マニュアルのムズカタノシサがそこにある。
 ありきたりだけども、地方に住むというのは凡そこういうことではないかとも思う。できることも増えるし、しなくてはならないことも増える。活動量は大きくなる。だから僕は、若い人ほど地方に行けばいいと考えていて、逆に高齢者は都会に住めばよいとも考えている。暴論だけど、そういう考え方である。

●◯。。。...

 過疎という言葉ができて50年経つらしい。ということは、50年前から過疎で、今もやっぱり過疎で、これからもその状況は続く見込みだということで、なんだかとっても衝撃的なタイトルだった。中国新聞の特集記事がまとまった本は「那須集落 6人になった」という、やっぱり衝撃的なルポではじまって、徐々に未来を見据えていく。
 田舎盛り上げようぜ、地域おこしやってやるぜ的なマッスルに一歩か二歩か三歩ぐらいは引いてしまうわたしにとっては、新聞風のバランス感覚がちょうどよかった。小田切徳美氏のインタビューの直後に、増田寛也氏のインタビューをのっけるところにも気概を感じた。いい本だなと思った。

●◯。。。...

 帰り道、秋の夜長を歩きながら、こりゃあ「衰退の美学」が必要なんじゃないかとか思った。「成長の快楽」は麻酔なのかもしれない。人が増えること、盛り上がること、右肩上がりなこと、稼げること。それらはそれで大切なことだけども、美意識をもった衰退や消滅や撤退にも、頭が下がる。それもまた、英雄であるし、感動を生む。
 そういう「衰退の美学」みたいなものは、多分、かなりの部分でナルシズムを含んでいて、それでいいんだろうなと思った。その場所に住んでいる人の幸せを、他所からの流れや人や情報が邪魔してしまわないといいなとも思った。

 過疎地を担ってきた昭和一桁世代が80歳以上になっているらしい。さすがに地域のあれやこれやを支えられなくなっているという話である。50年経った現場の断片集。感じることも、考えることも多い。

 

m(_ _)m

 

 

中国山地 過疎50年

中国山地 過疎50年