meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

死ぬまで働く世代。

f:id:meta-kimura:20181125115203j:plain

 温泉に入ってぼーっとしていたら、旅行者らしき爺さんが2人はいってきた。話題は旅の話である。どうやら、爺さんAは京都が嫌いらしい。話しかけても人がろくに返答せん、とのこと。見知らぬ人と話すのが旅の楽しみなのだろう。爺さんBもそれに同意する。旅はこれぐらいの田舎がいい、というようなことを話していた。確かに、岐阜の山に少し入ったこの温泉は、田舎である。観光商売としてはそこまで繁盛していないかもしれないし、サービスも洗練されたものとは言い難いかもしれないけれど、その分、余裕を持った、素朴なおばちゃん、おっちゃんたちが店を切り盛りしていた。
 穏やかな秋の日差しが露天風呂に降り注ぐ。気分も開放的になっているのだろう。爺さん2人が上機嫌で話す。そして、話の流れから近くのおっちゃんに声をかけた。「なぁ、あんたも定年したら旅した方がええで」。声をかけられたのは30代後半から40代といったところのおっちゃんであった。人が良さそうで、ちょっと地元の人っぽい浅黒さがあった。言ってしまえば、普通のおっちゃんである。
 「いやぁ、もう僕らは死ぬまで働くんですわ。年金なんてないやろし、定年もないんです」。おっちゃんの的確な答えに、思わず笑ってしまった。まさかそんな返しが出るとは思っていなかった。明るく、冗談のようでいて、本当にそうなると思っている、明快な声だった。
 爺さんAは「それは官僚が全部ふところに入れとるのが悪いんやで」と言い、爺さんBは「おれは厚生年金基金が底をついて、支給されへんようになるんちゃうかってのだけが不安でなぁ」とかぶせる。ご隠居は呑気で、自由である。「子どもができるときに、えらい考えましたわ。生まれても、働いて働いて、よーけ税金取られて、死ぬまでそれが続く。そんな時代やし、このあともどんどん厳しなると思たら、子どもつくってええんかな、って」。おっちゃんの声はあくまで前向きである。覚悟ができているのだろう。爺さんAの官僚悪い説が燃え上がり、言葉が荒くなってきたので、僕はコソッとその場を離れた。

●◯。。。...

 言い方は難しいけれど、普通の人が、どこにでもいるようなおっちゃんが、同じことを同じように考えていたことに、ちょっとした驚きがあった。僕も、年金はもらえないと思っているし、今の子どもはさらに大変な時代を生きるだろう思っている。死ぬまで働くんだろうなーと何となくその運命を受け入れていて、税金をよーけ取られるとは思ってないが、よーけ取られるの感覚はよくわかる(どの程度が「よーけ」なのかが僕にはわからないと言った方が正しいかもしれない)。
 普通の人が、普通に、当然に考えれば、この結論に行き着く。それをみんなが気づいている。そんな世の中になりつつあるということなんだろうなぁ、と思った。そんな状況なのに怒った奴らが革命を起こさない、ってのも、なんだか今の日本人らしい。それはそれでいいんじゃないかと思う。思うけれども、ちと権力だけは手放して欲しいもんだとも考えてみる。秋の日差しは暖かく、温泉は気持ちいい。とても平和である。

●◯。。。...

 働き方は変わる。facebookで50代の方が転職の報告をあげていた。70歳まで働くとなったら、50歳で「あと20年」ある。20年あれば何かできるだろうと考えた、とのことだった。見習うべき姿勢だと思った。
 これが僕たちの頃になれば80歳ラインになったりするかもしれない。50歳で「あと30年」となる。老いぼれているとはいえ30年あれば、更に何らかの工夫ができるだろう。残業禁止だとか、有給取得必須だとか、そういった目の前のことが目立つけども、もっと大きな目線からも働き方は変わっていく。結局老後がないのだとしたら、途中で空白期間を入れることだってそう悪くない判断なのだ。ニートってのはある意味で大変に合理的である。

 できれば、逃げ切った人たちが大きな顔をして、死ぬまで働く人たちを見下すことがないようにして欲しいな、とは思う。この時代を理解してとまでは言わないから、おれらの時代とは違うんだよな、変わったんだよな、とだけ言って、慎ましく隠居してもらえたら、それでいい。

 

m(_ _)m

 

 

希望の国のエクソダス (文春文庫)

希望の国のエクソダス (文春文庫)

 

 

日本語が書けない。

f:id:meta-kimura:20180923082916j:plain

 文章は意外と難しい。いい文章を書こうと思って机に向かってみても、かじりついてみても、なかなか文章は書けない。書いては消して、書いては消してと繰り返した文章よりも、吐き出すようにつらつらつらっと書いた文章の方が気持ちがいいことも多い。一体、何がどうなって文が出来上がってきているのか、とんと見当がつかない。
 見当はつかないけれど、なんとなく感じていることはある。そのひとつは、気持ち悪い文章と気持ちのよい文章があるということ。読める文章と読めない文章がある、と言い換えることもできる。主張がハッキリしていて、理路がスッキリしていれば、とりあえずは気持ちがいい文章だと言えるかな、とは思う。
 でも、文章ってのは、もっと奥が深い。ぐるぐるさまよった名文もあるし、ハッキリしていてもモヤモヤが溜まる悪文もある。やたらに攻撃的な文章だったり、とにかく言い切って押し付けてくる文章だったりに触れると、ロジックだけが文章ではないなとしみじみ感じさせられる。

●◯。。。...

 文字の連なりというデータ的に考えれば大変に貧弱な手段であるにも関わらず、文章はその人を表す。これほどコピーが簡単なものもない、ってぐらいに素朴な連なりを、誰も真似することができないのは不思議である。もちろん、モノマネはできる。できるけども、例えば誰かが僕になりかわってこのブログを書いたら、違和感に気づく人は多いと思われる。
 200字ぐらいの文章であっても、なんとなくその人のクセが出る。2000字ぐらいになれば、まぁ、ちょっとやそっとの努力じゃモノマネすることすらできない。人それぞれに指紋があるように、文章にも文紋というか、書き手の魚拓が残っているようなのだ。

●◯。。。...

 文章には人が表れる。ということは、僕が、気持ちの悪い文章と感じるときには、きっとその書き手に対する気持ち悪さを感じとっているのだろうと、考えてしまう。人のことを気持ちが悪いと言ってしまうのはよくないことなのではあるが、率直に言ってしまえば、僕は気持ちの悪い文章を書いている人に対して、気持ちが悪いという感情を持っているのだと思う。逆に言えば、気持ちがいい文章を書く人のことを、気持ちがいい人だと思っている。
 もうひとつ言えば、文章を見て人の心配をすることがちょいちょいある。メールの文章が壊れていたりすると、大丈夫かな、情報が溢れてないかな、こんがらがってないかな、などと無駄に気をつかったりする。自分自身、体調が悪いときや、差し迫ったときや、情報を大量に浴びたときには、文章が壊れてしまう。情報を受け止めきれていない感覚、だろうか。一旦情報を置いておくお皿が満杯になっているから、料理もせずに、素材がそのままどどーんと出ていってしまう感じ、と言ったらいいか。
 いやいや。吟味できているからいい文章になるかといったら、そうではない、ってなことは冒頭に書いたばかりである。吐き出すように書いた文章の勢いは、ときにとっても気持ちがいい。だとしたら、気持ち悪さは文の連なり方に宿るのだろうか。

●◯。。。...

 日本語は難しい。考えてみれば、長文を書く技術を持っている日本人は、そんなにいない。学校で書く文章は、読書感想文が最長だとすると1200字とか2000字ぐらいか。大学受験でも小論文を除けば、国語の問題の回答で200字とかがあるかないかってところだろう。就活で書くエントリーシートも読書感想文ぐらいの分量が多い気がする。さすがに大学のレポートとか卒論はもっと長いけども、そもそも日本の大学進学率は6割とかである。意外とみんな、書いてない。
 書いてないのに、メールだとかSNSだとかで文章が溢れかえった。初心者マークなのに、初心者だと気づいてもいない素振りがある。教習所があるかと見まわしてみたけども、案外そういうトレーニングは確立されていないようにも見える。
 ならば、単語ばかりのメールも許されるべきなのかもしれない。読み手を想定もしていない通知もあって然るべきかもしれない。意外と日本人は日本語が下手なのかもしれない。

●◯。。。...

 ここまで書いて、書いたことがブーメランになって突き刺さった。僕は、日本語を書けているだろうか。最近、文章を書く頻度が極端に減っている。もっと自由に書けるように、自主トレを続けていかねばなるまい。

 

m(_ _)m

 

 

日本語練習帳 (岩波新書)

日本語練習帳 (岩波新書)

 

 

インプットの日々。(簿記とか)

f:id:meta-kimura:20181007215441j:plain

 がしがしとインプットする日々が続いている。こんなに勉強らしい勉強をするのも久しぶりかもしれなくて、少し受験勉強時代なんかを思い出す。机に向かって、参考書を読み、問題を解いて、答え合わせをする。こういう勉強法が今の自分に有効だとは思ってなかったのだけど、ぐいっと机に向かってカキカキしているとそれなりにその世界に入っていけて、それはそれで楽しいもんかもしれないと思えてきている。
 とりあえず手をつけているのをひとつ挙げるとすると、簿記である。今さら感が半端じゃないのだけれど、それなりの必要性と、それなりの緊急性があるから仕方がない。今までずっと複式簿記の意味がわからずに遠ざけていたので、その仕組みの妙に迫るにはいい機会と割り切って、簿記の世界に歩み寄った。
 複式簿記ってのは、聞く(読む)ところによると「複式簿記は人類最高の発明のひとつ」とゲーテが言ったとか言ってないとかで、14世紀とかに開発された手法が今でも生き残っているという代物である。700年だか600年前の方法で管理し続けてて大丈夫なのかよ、ってな記述をどこかで見かけて、全くそのとおりだと思ったりもしたけれども、残念ながら今は複式簿記の世界であって、複式簿記がなきゃ企業の会計が捉えられないらしい。
 ぶっちゃけて言えば、売掛だの買掛だのをなくして全部が全部電子決済にのっけてしまえば、処理が単純でいいんじゃないかと思わなくもない。思わなくはないが、それは初学者の傲慢というものであって、ちょこちょこ勉強を進めるに、これは簿記感覚的なものを身に染み込ませるところに中核があるのだろうと考えるようになった。
 簿記的世界観のロジックをひとまず読み解いておいて、そこからはトレーニング的に問題をこなしていく。多分そんなこんなで一定期間浸かってしまえば、複式簿記の真価がわかってくるのだろう。まぁ、わかるためには実務をせんといかんだろうが。

●◯。。。...

 そんなことで、簿記の勉強をしていて、さらに平行していくつかのことを勉強している感じになっている。もちろん遊びも含めて。ここ数ヶ月でUdemyだのprogateだとかを見に行くことが増えた。kindleに入れる本も、大抵がビジネス系だったりしていて、人文系の空気に触れられていないのは少々さみしかったりもする。
 なにせ状況が状況なのだ。引っ越して、新しいステージを迎えてどしどしやっていけば先が見えてくるやっ、と思っていたら、いきなり、唐突に、状況がぐるんっと一転してしまった。落とし穴どころではなくって、天空へと伸びる階段登ってたら地下通路にドスンッと落とされてしまって、真っ暗なのである。正直、笑うしかなかったので、笑った。
 こういうときは何とかするしかない。どうにかサバイブするためにも、身につけるものは身につけておくことがリスクヘッジになる。幸いにも、目が落ち着いてきたら真っ暗闇の中にもぼんやりと光がなくはないことがわかってきた。蜘蛛の糸が降りてくる機会はそうそうないのだから、手繰り寄せて登るためにカンダタ並の腕力を持っておくにこしたことはない。
 基礎体力、というか基礎知力だけが頼みの綱である。基礎知力があっただけまし、というものだろう。

 ってなことを書きながらも、星景写真撮りに行ったり、こうやってブログ更新したりしてるんだから、まだ余裕はあるってもんだ。いやぁ、人生ってのはおもしろい。本当に、何が起こるかわかんないんだから。

 

m(_ _)m

 

 

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

 

 

写真データの管理を考える。

f:id:meta-kimura:20180826185029j:plain

 いちおう、これでも、趣味は「写真です」と答える人間である。ここ3年ぐらい、いや、もっとだな、4年ぐらいはカメラの機材が更新されないままなんだけど、それでもなんだかんだでちょいちょい、少しずつは、カメラを持ち出して、どうなるわけでもない写真データを製造している。カメラがホコリをかぶったことはない。
 ただ、何が撮りたい、というのがないのである。人が撮りたいとか、街が撮りたいとか、自然が撮りたいとか、そんな気持ちはバクッとした感じでなくはないのだけれど、じゃあ、そのために、撮影会に行くだとか、モデルさんを探すだとか、写真スポット探して三脚担ぐだとか、そういう行動を起こそうという気持ちにはなれずにいる。要は「どっか行くついでにカメラを持つ」であって、撮影がメインにはなっていないのだ。中途半端なわけである。しかして、中途半端なりにデータばかりが貯蔵されていく。

●◯。。。...

 いちおう、これでも、フォト蔵PHOTOHITOのアカウントは持っていたりする。自分なりに気に入った写真はアップなんかしていたりもしていた。自分で見てキレイだなぁ、なんて思っていたところで、それは単なる画像データである。ちっとは他人の目に触れて、「キレイだなぁ」を共有したり、フィードバックを受けるのがインターネット時代の写真だろうなどと思ったからだ。外部のストレージにアップしておくことでデータのバックアップをしておこうという意図もあった。まぁ、それも3年ぐらい前のことで、それ以降は凍結したままになっている。
 島根に移住した当初のネット環境が悪かったからか、いつの間にか、撮ってネットにアップする習慣がなくなってしまった。ブログにはちょいちょい載せているけども、なんとなく内容と関連のある画像にしようなどと考えてしまって、いいなぁと思った写真は載せられていない。
 Instagramもやってはいるけども、残念ながらウチのカメラにはWifi機能がついていない。Instagramスマホからアップするのが原則なので、いちいちカメラで撮ってスマホにデータを移すという手間がかかる(裏技はあるけども)。それよりなにより、元データをそのまんま保管するもんでもないから、バックアップにゃならない。

●◯。。。...

 うーん、と考えた。見せるもんでもないけども、見せないってのもなんか宙ぶらりんで気持ちが悪い。多分、ぼくの中では、写真に対するフクザツカイキな乙女心がうずくまっていて、その成分の半分はセンスのなさに対する諦めで、もう半分はちっとはうまくなりたいもんだという欲望なのだろう。このままだとなんだか気持ちが収まらないので、やっぱり撮ったもんをアップする場所を探そうと思った。
 満たすべき機能は2つである。1つは何かしらのフィードバックが得られること。いいね!でもいいし、足あとでもいい。2つ目は元データがそのまんま残ること。つまりは写真系のSNSで、無料でも容量がそれなりにあるところで、あと、デザインがスッキリしていて、使いやすいサービス。フォト蔵はごちゃごちゃしていてあんまり好きになれなくて、PHOTOHITOはアップできる容量に難がある。ガンレフはちょっと怖い気がする。どこかいなー、と探しまわっていまさらながらのFlickrにたどり着いた。
 無料ユーザーの容量はいつの間にか1TBになっていた。ちょいちょい写真をアップするには十二分の容量である。いちおう、favoriteとかのフィードバック機能もある。日本語に対応してないけど、この際そこはどうでもいい。とりあえずGoogleドライブに突っ込んであった昔の写真セレクションをドサッとアップロードしてみておいた。

 これで蔵入りデータの怨念も少しは晴れることだろう。撮るのが楽しい、ってのもあるけれど、写真はやっぱり、見られてやっと一人前だと思うのだ。半端もんは半端もんなりに、ゆるゆると磨いていきたいもんなのだ。

 

m(_ _)m

 

 

 

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

 

 

寄付するスタンス

f:id:meta-kimura:20180714140049j:plain

 少し前の朝のNHKラジオ。豪雨災害関連ということで、ゲストが寄付についての解説をしていた。義援金と支援金の違い、ふるさと納税で応援する方法、とかとか、などなど。未だに義援金と支援金の違いってのが浸透してなかったりするんだろうなぁ、と思って聞いていたら、最後のまとめでちょこっと気になってしまった。寄付先や寄付の方法を考えて、自分がいいと思う使われ方をするように寄付をしてください。そんなようなことをゲストが話していた。
 ゲストの方の話は正しい。寄付先のことをきちんと考えないと、なんだか妙な活動に勝手に使われてしまったりすることが、ある。被災者にお金が直接届くと思って支援金(活動支援金)としての寄付をしていたら、あらら、被災者支援団体の運営資金に使われちゃった、なんてこともあるだろう。お金が直接届くのは「義援金」の方である。意図と違う使われ方をしちゃったら、寄付した人も残念な気持ちになってしまったりもする。
 また、それ以上に問題になるのは、どこでもいいから寄付して終わり!ってなスタンスだと、寄付を集めた団体の悪意に気が付かないってことだ。なんも考えずに投票して終わり!って勢いだけで終わると、政治家の悪さに気が付かなかったりするのと同じである。寄付先の行動を監視しなきゃならないわけじゃないし、すべての投票に自分が責任をもつ必要もないと思うけども、あんまりにも緊張感がないとタガが外れてしまう。だから、自分で考えて寄付するのは、とてもいいことだとぼくも思う。
 思うけど、なんか、変な気持ちになる。

●◯。。。...

 自分がいいと思う使われ方をするように寄付をする。それが本当にいいのだろうか。ぼくが寄付するなら、被災地の人がいいと思う使われ方をするような寄付がしたいな、と思う。ここは、履き違えてはいけないような気がする。自分本位か、相手本位か、という違いもあるけれど、どうもそれだけではない。被災地支援の場合には、寄付の仲介者もいるからだろうか。
 気になったので、白川静の『常用字解』にきいてみることにした。こういうときには、概念の生まれ故郷を訪ねる。昔、教わったことだ。

「寄」
形声。音符は奇。奇は把手のついている大きな曲がった刀をサイ(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)に加えている形で、かたよる、すぐれるという意味がある。またその大きな曲刀の形は不安定で、まっすぐに立つことができないから、ものによりかかることを倚(よる)という。曲刀を神聖なものによりかからせることを寄といい、人を頼り、人にまかせることをも寄という。「よる、たよる、まかす」の意味に用いる。寄附はもと人を頼る意味であったが、いまは人に金や物を贈る意味に使われる。

「付」
会意。人と寸とを組み合わせた形。付は人に手(寸)でものを渡す形で、「わたす、あたえる、つけたす」の意味となり、付属(主なるものにつき従っていること。附属)・付託(あずけてまかせること)のようにも用いる。<後略>

白川静『常用字解』より)

 ちなみに、「附」にある「こざとへん」は神が天に登ったり降りたりするときに使う梯子の形だそうだ。神に合わせて祭ることから「附」は付け加えるという意味になったらしい。これらをまとめて考えると、人(もしくは神聖なもの)にまかせて、手渡す、付け足し、というような姿が見えてくる。
 もともと「まかせる」ものだったのかどうかは知らないが、ぼくの好みの解釈ではあった。やっぱり、という気持ちになった。自分の意図がビシビシと入り込んだ寄付には、違和感があったのだ。寄付は、意志ではなくて、祈りがのっかったお金だと言われた方が、気持ちがいい。寄付を受けた仲介者が感じるべきなのは、たぶん、責任感ではなくて、使命感みたいなものなのだろう。
 お願いね。いいように使ってね。まかせたよ。そんなスタンスは、無責任だろうか。

●◯。。。...

 まかせる相手ぐらいは選びましょう、と言われれば、その通りかもしれない。それでもぼくは、難しいことを考えずに寄付する人たちに、いやいや考えましょうよ、と言う気にはなれない。東日本大震災のときに、きちんと考えて寄付しましょうってな活動に巻き込まれていた自分がこんなことを言うのもどうかと思うんだけど、意図に合わせて寄付先を選ぼう、とは、言えない。そういう考え方があることはわかるし、選ぶことが大切なのもわかるけど、なんだか、神聖なものに触れてしまうような気もするのだ。
 ちゃぶ台をひっくり返すようで申し訳ないが、そもそもぼくは、寄付の価値を「届く」ことに置いていない。寄付はその行為自体に価値がある。寄付をしたときの祈りであるとか、気持ちが大事なんだろうと勝手に決め込んでいる。そういう人の方が好きなのだ。
 募金箱に入れたお金を指して、もうわたしのお金じゃないよ、と言える人の方が気持ちがいいな、と思う。

 

m(_ _)m

 

 

 

常用字解 第二版

常用字解 第二版