meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

隠岐で撮ってきた写真たち。

f:id:meta-kimura:20180603151526j:plain

 野暮用(?)にて隠岐に行ってきました。自由になる時間は少ないかなぁ、と思っていたのですが、船が出るまでの待ち時間が3時間とかあったりして、それなりに写真が撮れました。と、いっても、PENTAX K-5 に FA limited 77mm のみというとりあえずつっこんどけ装備です。なぜ広角を持っていかなかったし。

f:id:meta-kimura:20180603151744j:plain

 伊丹から飛んで、隠岐空港へ。まずは隠岐の島町の港周辺を歩いて散策しました。この辺はカッパ押しらしい。

f:id:meta-kimura:20180603151957j:plain

 京見屋分店の周りに設置されているカエルとかカッパとか。とてもかわいい。欲しくなるのですが、売り物ではないみたいです。残念。

f:id:meta-kimura:20180603152226j:plain

  海辺の町らしい風景。各家1つずつ船を持ってるのかなぁ、ってぐらいに船が並ぶ。

f:id:meta-kimura:20180603152831j:plain

 細い道が多いから。

f:id:meta-kimura:20180603152843j:plain

 こんな感じでした。なるほどなっとく、ロジ注意。

f:id:meta-kimura:20180603190714j:plain

 西ノ島まで来た頃にはもう日が暮れていました。ここまで来るとかなり秘境感があります。宿までたどり着けるのかどうかが心配になるぐらい。西ノ島には2泊しました。

f:id:meta-kimura:20180605084148j:plain

 朝、時間ができたときに行った西ノ島の摩天崖。切り立った崖の上なのですが、もちろん崖は足元にあるわけで。摩天崖からは崖が見えませぬ。なので、上の写真は摩天崖の隣の崖です。

f:id:meta-kimura:20180605084803j:plain

 摩天崖から見下ろした海。水が透明なもんで、底が見えます。崖の高さは257mらしいです。257m先の海を撮って、こんな感じってことか。

f:id:meta-kimura:20180605085044j:plain

 ここまで複雑な海岸は見たことないです。さすが火山で出来た地形。

f:id:meta-kimura:20180605085823j:plain

 ぽつぽつと見えているのは放牧されている馬です。牛もかなりいました。道路を歩いている牛もいます。運転がちょっと怖かった。

f:id:meta-kimura:20180605091847j:plain

 船は観光船かなぁ。

f:id:meta-kimura:20180605092456j:plain

 岩がめちゃくちゃゴツゴツしてますよね。溶岩が固まったもの、なのか。

f:id:meta-kimura:20180605092703j:plain

 日本じゃないみたいな風景でした。

f:id:meta-kimura:20180605153701j:plain

 知夫にも渡ったけど、雨が降っていたのもあってあんまり撮れず。人口600人程度の島だとか。道端にキレイなあじさいが咲いてました。

f:id:meta-kimura:20180605160508j:plain

 コチラも知夫。港にいたバッタです。中望遠なので、こんなのが多い。広角は携帯で撮ってました。

f:id:meta-kimura:20180607103820j:plain

 いろいろと一段落ついて時間が空いた日に、宿泊していた中ノ島から再度西ノ島へ。絶景を見るには観光船じゃ!という勢いで観光船に飛び乗りました。

f:id:meta-kimura:20180607105845j:plain

 東国賀海岸、だったかなぁ。こういうアーチとか洞窟がたくさんあります。

f:id:meta-kimura:20180607110354j:plain

 船の中から撮ってます。窓を開けてもいいと知ったのは、観光船中盤以降でした。デッキに出てもよいと知ったのは、観光船ラストの山場を越えたあとでした。。。先に言ってよー。

f:id:meta-kimura:20180607111246j:plain

 漁師さんっぽい船ですが。

f:id:meta-kimura:20180607111337j:plain

 こんな感じです。だいたい垂直。

f:id:meta-kimura:20180607113109j:plain

 すんごい切り立ってる。

f:id:meta-kimura:20180607113640j:plain

 船は洞窟の中とかにも入ってくれます(波が高いと入れない)。洞窟の壁にごつんとぶつかりながらの航行は迫力満点です。

f:id:meta-kimura:20180607114020j:plain

 観音様に見える岩、だったかな。いろんな見立てがありました。

f:id:meta-kimura:20180607114826j:plain

 魚をとってるらしき鳥。目が悪いのでそんなに見つけられませんでしたが。

f:id:meta-kimura:20180607115017j:plain

 ざっぱーん。

f:id:meta-kimura:20180607120009j:plain

 デッキから後ろをみるとこんな感じ。とっても気持ちがいい。

f:id:meta-kimura:20180607120446j:plain

 摩天崖を船から見たの図です。あんなに高いところにいたのかと。

f:id:meta-kimura:20180607120821j:plain

 もうなんか海の色がすごい。

f:id:meta-kimura:20180607121010j:plain

 白い岩と黒い岩のコントラスト。成分が違うんだろうけど、詳しいことまではわからない。知識があればもっと楽しいんだろうなぁ。

f:id:meta-kimura:20180607131553j:plain

 観光船を降りて、港へ。このイカのマークが気になった。

f:id:meta-kimura:20180607140306j:plain

 内航船いそかぜで、海士町がある中ノ島に戻ります。内航船は1回300円。さすがにリーズナブルな料金設定になってました。

f:id:meta-kimura:20180607155723j:plain

 中ノ島にあった穴がハートに見える岩。明屋海岸だったかな。レンタサイクルを借りてむやみに走って、たどり着いた先がここでした。電動自転車の偉大さを思い知りました。

f:id:meta-kimura:20180607160300j:plain

 足元にはカニ

f:id:meta-kimura:20180607163716j:plain

 海士町の風景。写真で見ると漁師町っぽいですが、実際にはかなり内陸のような景色に出会えます。水田があって、山があって、日本のどこにでもある田舎のような風景です。湿度は高いけどね。

f:id:meta-kimura:20180607194107j:plain

 最後の夜は友達に握ってもらったお寿司で。おいしかった。写真は撮ってませんが、食事はほとんど海鮮づくしで、まぁ、味は言わなくても伝わりますよね。たぶん、太って帰ってきたと、思います。運動して筋肉にかえなきゃ。

 

 

 

m(_ _)m

 

 

山陰絶景

山陰絶景

 

 

島根を離れる、前日に。

f:id:meta-kimura:20180503135843j:plain

 珈琲館に来ました。やることはまだまだたくさんあるけれど、ひとまずそれはおいておいて、エスケープです。もう、おそらくは最後だから、時間をとってゆったりと書く時間をとっておきたかったのです。明日はずっとドッタンバッタン梱包だとか退去の立会いだとかでテンテコマイでしょう。
 ふぅ、とひと息。この珈琲館にもお世話になりました。平日に休みがあるときで、ちょっと贅沢気分を味わいたいときには、ここに来ていました。みんなが仕事をしている時間の優雅なティータイムに漂う背徳感はたまりません。ゲスですね。京店店午後のセットメニューは大変に豪勢です。ケーキにコーヒーに、サンドウィッチと焼き菓子とアイスクリームもついてきます。お腹いっぱいになります。ほんとに、豊かです。

●◯。。。...

 なにか書こう書こうと思って、書かねば書かねばと思って、書いては消して、書いては消して、このタイミングになってしまいました。3年前の2月に来た松江を離れます。当然のように、定年まで住むかなと思っていた島根を離れます。半年前まで、想像もしていないことでしたが、そうなりました。
 飽きたわけでも、嫌いになったわけでもありません。ふらりと流れ着いた地ながら、わたしはわたしなりに、この土地が気に入っています。西に宍道湖、東に中海、北に島根半島があって、そこを越えれば日本海と、ついでに原発もある。南にはポコポコとした中国山地が広がっていて、雲南や奥出雲。おろちループ手前に売っている舞茸とエリンギは絶品ですし、奥出雲酒造の甘酒は忘れられず、冬場は毎週温泉に浸かっていたりもしました。
 湖や川や山があることが、わたしにとってとても大切なのだということが改めてわかりました。土地に特徴があって、それが目印になって、頭の中に地図ができあがっていく。頭の中の地図は、わたしの安心とか安定につながっていきます。ここにいるのだな、とわかるからなのかもしれません。これがタワーや通りばかりでは、なかなかうまくいかないってのも妙なものです。単に自然が好きなのか。最近は、自分がインドア派なのか、アウトドア派なのかもわからなくなりました。野菜が好きになりました。

●◯。。。...

 いろんなことが重なって、選択がたくさん連なって、話して、納得して選んだら、こうなりました。年末に大家さんからの通知があり、家を出ないといけなくなったこと。仕事の任期が迫っていたこと。職を求めて外に応募して、繁忙期に無理やり東京に出たこと。完全に諦めていた任期の更新が突如目の前に現れたこと。その話を聞いた次の日に、東京の会社から内定が出たこと。
 島根に残る、東京に行く。タイミングがズレて、ズレて、最終的に2つの選択肢を2つとも断ることになってしまった。最後に残ったのは、自然が近くにあるところで、こういう暮らしを続けていきたいという意志でした。それを、なるべく長く、一旦離れても「また戻ってくるよ」と言える場所で営みたいと思った。
 だから、岐阜に行くことにしました。
 田舎とは言いづらいかもしれないけど、それなりに落ち着いた場所にアパートがあります。家賃も高くなったし、通勤時間も長くなるけど、まぁ、なんとかなるでしょう。プランターで少しぐらいは野菜が育てられる場所です。日当たりは今よりずいぶんよくなります。とりあえずバジルとミニトマトを植えたいなぁ。

●◯。。。...

 移住が定住にならなかったことについては、なんだかとても申し訳がない。仕事に残れなかったことについても、同じくです。残って欲しいと何度も言われました。完全にタイミングの問題でした。そして、外に出るか、という気持ちを起こしてしまった、そのきっかけができてしまったことが、大いに影響しました。
 100%完璧にマッチする仕事なんてそうそうないように、不満がない地域に出会えることなんてめったにありません。出よう、となったら、出る理由に困ることもない。どんどんブレーキは踏みづらくなっていく。だからたぶん、きっかけをつくってしまわないことです。わたしの場合も、任期がなければ島根に残っていた可能性は高い。もし、定住支援に関わる方が読まれているならば、そのことは意識してもらえるといいなぁ、と思います。外へ出る流れをつくらなければ、わざわざ移住してきた地域から出ようとは思いません。引っ越しだって大変ですし。

●◯。。。...

 それにしても、ほんとに、いい人に恵まれて、暮らすことができました。仕事の人にも送別会を開いてもらったりもして、感謝々々です。気持ちのいい人たちに、たくさんお会いすることができました。
 おいしい食べ物があり、キレイな景色があり、文化が深くて、大切に愛されている。ここは本当に豊かな土地です。給料水準は低くて、日照時間は短くて、冬は洗濯物が全く乾かず、灯油代がかかるし、カビが生えるけど、けど、それでも、ここは豊かです。
 また、遊びに来ようと思う。気持ちのいい季節を狙って。
 ありがとうございました。

 

m(_ _)m

 

 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

 

退職前の、有給消化な日々の過ごし方。

f:id:meta-kimura:20180318141655j:plain

 先週金曜日が最終出勤日だったので、只今、むりくりいただいた有給を少しだけ消化中です。繁忙期がもうすぐ終わるという頃。出勤した方がいいのだろうなぁ、という気持ちと、とはいえ次も決まってないのに有給残して最後まで勤務し続けるのも妙だなぁ、という気持ちが半々で、自分の中の結論として最後の週は休ませてもらおうってことになりました。
 今日で有給3日目です。土日から数えると5連休目になります。正直、ちょっと暇です。就活って言っても、やることには限りがありますし。やたらに求人情報を見続けるってのもわりと苦しいものです。
 こういうニートな期間、って言っても求職中なので定義的にはニートじゃないんですけども、そんな期間に突入するのも3回目です。慣れは、ありません。月曜日には全く発声していないことに危機感を持ちました。今までが窓口業務だった分、落差がとっても激しい。誰とも会わずに過ごすことの難しさを改めて感じています。ひとり暮らしじゃないのが救いです。
 とりあえずは引っ越しの準備をしたり、保険が切れる前に歯医者に行ったり、クレジットカードをつくっておいたり、できてなかった事務手続き関係をもさもさとやりつつ日々をやり過ごしています。1日の時間が意外と短くて、読みたかった本や半年ぐらい前udemyで買ったphythonのデータサイエンス講座とかに手が出そうで出ていない。そう考えるとやっぱり自堕落な生活をおくってるような気もします。
 こういうときのポイントはルーティンワークをつくることです。毎日、決まった時間にやることを淡々とこなす。これができていれば、それなりに生活リズムを保てます。あとは昼寝をしないことと、身体を動かすこと。昼寝はラスボスです。13時から15時をいかに過ごせるかで、1日の充実感が決まります。ほんとに。

●◯。。。...

 フリーダムってのは爽快なのだ、と、無邪気に思っていた頃がありました。実際、将来に対する不安がなければ、爽快なのかもしれません。けども、そうそううまくいかないのが現実だったりするのです。不思議なことに、さぁどうぞと、時間をどかんと差し出されたはずなのに、夏休みがいつの間にか終わってしまうように、気がつくと夜が来てしまいます。
 自由というのは本当に難しい。のんべんだらりとした時間を自分で区切ることの大切さを、再度噛みしめています。そして、同時に、これまではやることを貰ってばっかりだったのかもしれんなぁ、などと省みています。(いや、そうでもないな。任期ありのスタッフのくせに、なんじゃかんじゃやってたわ)

 

m(_ _)m

 

 

安心ひきこもりライフ

安心ひきこもりライフ

 

 

ニコニコ動画のプレミアム会員を辞めました。

f:id:meta-kimura:20180318132414j:plain

 さよなら、ニコニコ動画
 というわけでもないのだけれど、この度、遂に、やっとこさ、プレミアム会員を辞めて、一般会員に戻りました。継続プレミアムのレベルは6だったので、6年間はプレミアムでした。たぶん、プラス1年ぐらいが正確な期間で、2011年頃にニコニコ動画にお金を払おうと決めたのだと思います。
 2011年というと、ちょうど東日本大震災の頃です。そういえばあの時もニコニコ動画の中継に随分とお世話になりました。テレビがない生活を続けていたから、ネット配信がすごくありがたかった。わたしの生活面では、NPO法人勤めにもある程度慣れてきて、ちょっとぐらいならお金を使ってもよいのかな、という余地が出てきた年です。そのなけなしのちっちゃい余地をニコニコ動画に注ぎ込むってのも、なんだかアホウな判断ですが、今になっても、後悔なんぞはありません。
 とてもおもしろい仕組みをつくってくれた。なんだかワクワクできる未来を垣間見せてくれた。ニコニコ動画なしではとてもできない経験をさせてくれた。そんな感謝が私の中にはいっぱい詰まっていて、月額500円程度なんて格安もいいところだなという気持ちだったのです。

●◯。。。...

 ですが。最近、とんと見なくなりました。驚くほど視聴時間が減りました。ここ1年はアニメを少し見たかな、というぐらいです。ポプテピピックをちょいちょい見た気がします。あとは、解説系の動画をちょこちょこ。
 見てないわけじゃないんです。やっぱりアニメを見るときはコメント付きで見た方が楽しいですし。それでも、熱がなくなりました。ニコニコ動画ってひとつのコミュニティみたいなもので、あっちの動画が、こっちの動画に影響したり、誘発したり、飛び火したり、引火したりしながら、発展していく。その様子がコメントでなんとなーくわかったりして、それもまたひとつの参加の形だったりで、要はわちゃわちゃした雰囲気が好きだったのかもしれません。
 そういう雰囲気を感じられなくなったのは、まぁ、サービスが成熟していく上で仕方のないことかもしれません。わたしが歳をとってしまったから、かもしれません。なんか「最近のわかものはー」系のおっさんになってしまったようで、ちょいと淋しい気もします。
 わたしの悪い癖で、見なくなったサービスでも好きなもの、志に共感するサービスにはお金を出し続けたりしてしまうのですが、それもここまでとなりました。仕事がなくなるタイミング。払い続けているものを見直すよい機会ということで。
 今後は一般会員として、ぼちぼち使っていきます。アホウがよくわからないアイデアで突撃をかけていたインターネットの自由さが、インターネット自体が社会化されていくように、すこーしずつ失われていっているような気がしなくもなくて、今回の退会はやっぱり微妙に、淋しいものでした。

 

m(_ _)m

 

 

 

3・11の日に。

f:id:meta-kimura:20180311145323j:plain

 3月11日になった。未曾有の大震災から7年が経ったことになる。今年も3月11日はよく晴れた。春霞というのだろうか。花粉なのか、埃なのか、わからない。遠くの景色がぼーっとぼやける、まったりとした日になった。
 隣の建て替え工事の音に起こされて、朝ごはんをつくり、洗濯物を干して、買い物に出る。クリーニング店と、本屋さんと、ドラッグストアをまわってから、オシャレなカフェでお昼ご飯。帰りにスーパーに寄って、今週の食材を買い込んだ。いつもの週末である。暖かい日差しが、ありがたかった。
 車のラジオからは、山下達郎のサンデーソングブックが流れていた。14時46分は、『希望という名の光』で迎えた。車を止めて、黙祷しながら聴いた。

●◯。。。...

 日常が壊れた。7年前によく耳にした言葉である。突然、まったくの突然、いつもの生活がぱったりと終わった。当時名古屋に住んでいたぼくにとっては、どう考えても対岸の火事であったのだけど、それでも、周りには「日常が壊れた」人たちがいたように思う。その中で、ぼくたちは日常でいいじゃないか、今の日々をいつも通り過ごしてもいいじゃないかと、言い続けていた。怒涛の流れに、なんとか抗おうとしていた。
 津波に見舞われた地域に向かって、津波のように人の気持ちが押し寄せているように感じていた。ぼくはその気持ちの中に、うしろめたさがあったのではないかと思っている。今、過ごしている日常への罪の意識が奥の方に潜んでいたような気がしている。
 日々の生活が、今日食べたチキン南蛮が、車のガソリンが、何に支えられているのかを、ぼくたちは知らないようで感じているのではないだろうか。とても安心で、安全で、安定な日々が、実は薄氷の上にあることを、知らないふりをして知っているのではないだろうかと思う。それは安定の下にある不安である。
 その不安がまた埋もれつつある。ぼくの中でも。当時の映像から、徐々にリアリティが剥ぎ取られていく。遠ざかるとはこういうことかもしれない。明日が来ないとは思わない。日常が途切れるなんて考えない。それもいいのだろう。神話の上にのっかっていれば、安心で、安全で、安定である。
 破壊された部分は、さらに強靭につくりなおされているはずであると考える。筋トレみたいなものだ。超回復を繰り返して、社会は強くなっていく。ぼくやぼくではない誰かが頑張ったりして、強くなっていく。それでいいのだろう。そう思う。

●◯。。。...

 『希望という名の光』に入る前に、政治屋に対する罵倒や怒声とかじゃなくてね、という話をされていた。大声が必要なときもあるけども、確かに、今日は静かな曲がいい。
 変えていくことよりも、変わっていくことの方が大切なのではないかと思った。たんたんと、今見えている、やるべきことに向かう。

 

m(_ _)m

 

<1年目の記事>

meta-kimura.hatenablog.com

 

<2年目の記事>

meta-kimura.hatenablog.com

 

<3年目の記事>

meta-kimura.hatenablog.com

 

<4年目の記事> 

meta-kimura.hatenablog.com

 

<5年目の記事>

meta-kimura.hatenablog.com

 

<6年目の記事>

meta-kimura.hatenablog.com

 

 

<震災当時の記事いくつか>

meta-kimura.hatenablog.com

 

meta-kimura.hatenablog.com

 

meta-kimura.hatenablog.com

 

meta-kimura.hatenablog.com

 

 

下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ

下り坂では後ろ向きに――静かなスポーツのすすめ