meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

寄付するスタンス

f:id:meta-kimura:20180714140049j:plain

 少し前の朝のNHKラジオ。豪雨災害関連ということで、ゲストが寄付についての解説をしていた。義援金と支援金の違い、ふるさと納税で応援する方法、とかとか、などなど。未だに義援金と支援金の違いってのが浸透してなかったりするんだろうなぁ、と思って聞いていたら、最後のまとめでちょこっと気になってしまった。寄付先や寄付の方法を考えて、自分がいいと思う使われ方をするように寄付をしてください。そんなようなことをゲストが話していた。
 ゲストの方の話は正しい。寄付先のことをきちんと考えないと、なんだか妙な活動に勝手に使われてしまったりすることが、ある。被災者にお金が直接届くと思って支援金(活動支援金)としての寄付をしていたら、あらら、被災者支援団体の運営資金に使われちゃった、なんてこともあるだろう。お金が直接届くのは「義援金」の方である。意図と違う使われ方をしちゃったら、寄付した人も残念な気持ちになってしまったりもする。
 また、それ以上に問題になるのは、どこでもいいから寄付して終わり!ってなスタンスだと、寄付を集めた団体の悪意に気が付かないってことだ。なんも考えずに投票して終わり!って勢いだけで終わると、政治家の悪さに気が付かなかったりするのと同じである。寄付先の行動を監視しなきゃならないわけじゃないし、すべての投票に自分が責任をもつ必要もないと思うけども、あんまりにも緊張感がないとタガが外れてしまう。だから、自分で考えて寄付するのは、とてもいいことだとぼくも思う。
 思うけど、なんか、変な気持ちになる。

●◯。。。...

 自分がいいと思う使われ方をするように寄付をする。それが本当にいいのだろうか。ぼくが寄付するなら、被災地の人がいいと思う使われ方をするような寄付がしたいな、と思う。ここは、履き違えてはいけないような気がする。自分本位か、相手本位か、という違いもあるけれど、どうもそれだけではない。被災地支援の場合には、寄付の仲介者もいるからだろうか。
 気になったので、白川静の『常用字解』にきいてみることにした。こういうときには、概念の生まれ故郷を訪ねる。昔、教わったことだ。

「寄」
形声。音符は奇。奇は把手のついている大きな曲がった刀をサイ(神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)に加えている形で、かたよる、すぐれるという意味がある。またその大きな曲刀の形は不安定で、まっすぐに立つことができないから、ものによりかかることを倚(よる)という。曲刀を神聖なものによりかからせることを寄といい、人を頼り、人にまかせることをも寄という。「よる、たよる、まかす」の意味に用いる。寄附はもと人を頼る意味であったが、いまは人に金や物を贈る意味に使われる。

「付」
会意。人と寸とを組み合わせた形。付は人に手(寸)でものを渡す形で、「わたす、あたえる、つけたす」の意味となり、付属(主なるものにつき従っていること。附属)・付託(あずけてまかせること)のようにも用いる。<後略>

白川静『常用字解』より)

 ちなみに、「附」にある「こざとへん」は神が天に登ったり降りたりするときに使う梯子の形だそうだ。神に合わせて祭ることから「附」は付け加えるという意味になったらしい。これらをまとめて考えると、人(もしくは神聖なもの)にまかせて、手渡す、付け足し、というような姿が見えてくる。
 もともと「まかせる」ものだったのかどうかは知らないが、ぼくの好みの解釈ではあった。やっぱり、という気持ちになった。自分の意図がビシビシと入り込んだ寄付には、違和感があったのだ。寄付は、意志ではなくて、祈りがのっかったお金だと言われた方が、気持ちがいい。寄付を受けた仲介者が感じるべきなのは、たぶん、責任感ではなくて、使命感みたいなものなのだろう。
 お願いね。いいように使ってね。まかせたよ。そんなスタンスは、無責任だろうか。

●◯。。。...

 まかせる相手ぐらいは選びましょう、と言われれば、その通りかもしれない。それでもぼくは、難しいことを考えずに寄付する人たちに、いやいや考えましょうよ、と言う気にはなれない。東日本大震災のときに、きちんと考えて寄付しましょうってな活動に巻き込まれていた自分がこんなことを言うのもどうかと思うんだけど、意図に合わせて寄付先を選ぼう、とは、言えない。そういう考え方があることはわかるし、選ぶことが大切なのもわかるけど、なんだか、神聖なものに触れてしまうような気もするのだ。
 ちゃぶ台をひっくり返すようで申し訳ないが、そもそもぼくは、寄付の価値を「届く」ことに置いていない。寄付はその行為自体に価値がある。寄付をしたときの祈りであるとか、気持ちが大事なんだろうと勝手に決め込んでいる。そういう人の方が好きなのだ。
 募金箱に入れたお金を指して、もうわたしのお金じゃないよ、と言える人の方が気持ちがいいな、と思う。

 

m(_ _)m

 

 

 

常用字解 第二版

常用字解 第二版

 

 

それは格差ですか?

f:id:meta-kimura:20180603164326j:plain

 この前、ちらりと見かけた記事を読んでから、ちょいともやもやしている。その記事は教育系のもので、曰く、家庭の経済的な格差ばかりが教育の格差を生んでいるのではない、住む地域によって起こる教育機会の差や文化の差も格差の原因になっているのだ、というような論調であった。
 そもそも田舎に住んでいる人は、大学なんてものの存在を知らないし、自分の子供を大学にいかせようという発想を持たない。そのイメージが持てない「想像力の差」が根本にあって、そいつが見逃されてはいまいか、ってな主張はとっても納得のいくものだった。
 実際、地方にいると都会の手法をイメージすることさえできないって場面にちょいちょい出会う。例えば、「話し合い」という言葉の持つイメージが地方と都会では違っていたりして、そういう参加者の想像力の差がワークショップ的な何かの成否に関わってきたりもする。
 だけども、である。腑に落ちないのは、この状況が「地方民には想像力がない」という文脈で書かれていたことである。なるほど、格差が問題であると言うには、想像力が持てない状況を指摘せねばならぬのはよくわかる話ではある。しかし、少しぐらいは断りを入れて欲しいものでもある。地方民が都会民の持つ世界を想像できないのと主張するのであれば、まったく同じ論理で、都会民は地方民が持つ世界を想像できないとも言えるハズなのだ。つまりこれは上下がある「格差」の問題ではない。給料の高い低いではなくて、単に世界観や価値観が「違う」ということだ。言ってみれば「差異」である。

●◯。。。...

 住む世界が分かれていることを格差として扱ってしまうのは危険である。冒頭の記事を書いた人は、都会と同じように選択ができる環境、選択肢を想像できる力が必要であると結んでいた。その根拠は個人的な体験だと言う。自分は運良く東京の大学に出て学ぶことができたが、自分よりも才能がある人間が大学に行くという発想を持てずに地元に埋もれていった、とのこと。自分の人生を振り返っても、もし子供時代に都会のような文化的環境と教育機会があったならば、そちらを選んでいただろう、とのこと。
 気持ちはわかるけども、なんだかなぁ、といった感じになってしまった。人文的な素養なんてものがあるとしたら、ここがそいつを引っ張り出して活躍させるところではないだろうか。読み取りが浅かったら申し訳ないのだけども、都会的な世界にキラキラを感じる人もいれば、田舎的な世界にキラキラを感じる人だっているのだ。
 「差異」を「格差」として論じてしまうと、むやみに上下関係をつくってしまって、上の世界をよしとして、下の世界をあしとする構造にハマり込んでしまう。自分はハマりこまないぞと思っていても、他の人達ががっつりハマっちゃったりしてしまって、徐々に大きな流れになってしまうのである。西洋的価値観を文化的であると定義して、世界のあっちゃこっちゃに布教活動をしちゃったことと同じである。
 それは本当に「格差」なのだろうか?

●◯。。。...

 「格差」は是正すべきである。そう信じてしまえば、それが神話であることには気づけなくなる。そうして正義が他人の世界をズカズカと踏みにじる。
 人間生きていれば差があって当たり前なのだ。Life is not fairである。その前提から始まって、切ないことに、どこまでいっても差はなくならない。切ない努力を、切ないことを知りながらもやり続けるのだ、という自覚が必要なのだと思う。

 追記
 我ながら、こういう記事を書くのはいかんなぁ、と反省。なんだか陰口みたいになっちゃってるのだが、主な論点は起点となった記事への批判ではないのでご容赦願いたい。

 


m(_ _)m

 

 

 

学力と階層 (朝日文庫)

学力と階層 (朝日文庫)

 

 

電子書籍、大活躍する。

 

f:id:meta-kimura:20180714090017j:plain

 ここにきて、満を持して、電子書籍が大活躍である。
 岐阜から名古屋までの通勤が始まってスグに、電子書籍の価値が異様に高まった。なんて便利なのか。ライフスタイルが変わると、モノの価値も大きく変わるものらしい。
 松江に住んでいたときには電子書籍なんて必要がなかった。通勤はバスである。地方都市のバスがそんなに混み合うわけがない。いつも座席に座って、悠々と、ではないにしろ、ふつーに本を開くことができた。ふぃーっと座って、少し読み、気がつけば降りるバス停に着く。15分程度の通勤時間はとっても豊かであったが、本を読むには短かめであった。1冊の本をちびちびと読むのが、わたしの通勤であった。
 それが、である。引っ越してきてからの通勤は、電車とバスを乗り継いで、片道1時間と10分程かかるものになった。しかも、混んでいる。バスはまだ座れるけども、電車はよっぽど運がよくない限り、座れない。朝もはよから、満員電車である。東京みたいにぎゅーぎゅー潰されはしないが、パーソナルスペースは狭い。カバンは足元に置いて、片手でつり革を握り、バランスを保つ。さて、残りはもう片方の手だけである。
 はじめは文庫本を持っていった。薄い文庫本ならいけるかな、と思った。ハードカバーは論外になった。程なくして、物置に眠っていた電子書籍sonyのreaderを引っ張り出した。めっちゃ使えて、びっくりした。片手で持って、不自由なくページをめくることができる。そして、何より、軽い。読書量が一気に増えた。電車に乗っている30分ぐらいと、バスに乗っている20分ぐらいがわりと快適な読書時間になった。

●◯。。。...

 こうなると、sonyのreaderで続けていいのかどうか、不安になってくる。これから通勤時間が短くなる見込みがあるわけでもないから、基本的にはどんどこ電子書籍が増えていく想定になる。しかし、reader storeの品揃えは、お世辞にもいいとは言えない。そんでもって、電子書籍のデータって、汎用性がない。大変不便なことに、kindleのデータは、reader端末じゃ読めないのである。
 reader自体はとても軽くて好きなのだけど、だからといって、readerにがつがつ本を放り込むわけにはいかない。しばらく検討した結果、まぁ、kindleに乗り換えじゃな、という結論に達した。sonyには申し訳ないけど、やっぱり品揃えは多い方がいい。いつでも再読できそうな安定的な環境ってのも、大切なのである。

 実は通勤に使うことも含めてipad proを買おうと心に決めていた。なのに、ipad proを買う前に、kindleを買おう、今度のプライムデーのセールで買おう、と決心してしまった。
 今更、電子書籍装備を充実させようとするなんて、ほんとに思ってなかった。これは、予想外。家ではイマイチぱっとしなかった電子書籍が、ここにきて、その真価を発揮しはじめたのである。

 

 

m(_ _)m

 

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

 

批判する姿勢と、黙々と行動する姿勢と。

f:id:meta-kimura:20180607103745j:plain

 コミュニティ・ユース・バンクmomoの総会資料が届いた。パラパラと眺めていたら、懐かしい名前を見つけた。ある人は理事になり、ある人は監事になるという。頭が下がる思いである。心ある人は心ある行動をとるものなのだろう、と勝手に決めつけた。全くもって、勝手なものである。
 momoはあいちコミュニティ財団のもとになった団体である。あいちコミュニティ財団といえば、なんだかんだと燃え上がった団体である。つまりは、今、momoは火中の栗と言ってもいい状況で、要は、大変なのだ。その火の中に手をつっこんで責任を取りに行くなんて、よっぽどの変態である。その事業の存在意義を信じていて、この社会に必要だと思っていないとできない。こういう人が、本当の応援者であるのだろうなぁ、なんてことを思う。

●◯。。。...

 正しいことは軽々と主張できる。世にワルモノを見つければ、そいつはワルだと言い立てるころはたやすい。たやすい言説は生産されやすく、コピーされやすく、リツイートされやすく、そして、徐々に過激になっていく。「正しければ、言ってよい」がひとつの公式である。いつの間にか「正しい範囲であれば、何を言ってもよい」に変化する。
 そういう批判や指摘は往々にして、次をつくろうとしない。言いっぱなしである。言いっぱなしは楽である。楽だから手数は多い。書き手の検討や悩みはそこから見えてこない。そんな言葉がSNSにちょこちょこあらわれていて、モヤモヤしていたところだった。
 その責務を引き受けた覚悟には敬服する。大人ってのは、他人の責任を背負おうとする人のことであると、内田樹さんがどこかで書いていた。今回立った人は、大人なのだと思う。(わたしはまだまだ子供である)

●◯。。。...

 沈黙は金なり、とわたしは言わない。名古屋にいたときには、名古屋には論壇が必要なんじゃないか、とか言ってたりしたわたしである。わたしは言葉の力を信じているし、一杯のお茶がもたらす落ち着きを信じている。
 本来、言葉は思考を固めるものではない。批判は「そうでない」と伝えると同時に、同じくらいの反作用で「そうである」可能性を書き手に突きつけるものである。だから、書いたところでやっぱり悩む。考える。悩んでいる点においては、批判者は批判される対象と同じなのだ。批判は、その悩みの一部を引き受けようとする試みと言ってもいいのかもしれない。

 いずれにせよ、相手の立ち位置に自分を置かないと、言葉はきっと他人事になる。もっと厳密に言えば、相手の立ち位置に自分を置こうとする努力をしないと、かもしれない。自分の範囲を拡張する必要が、出てくるハズなのだ。
 テキストが飛び交う世の中なのだから、もう少し丁寧に、言葉を扱いたいなと、いつも思っている。

 

m(_ _)m

 

 

 

梅シロップを3つ作ったから、飲み比べてみる。

f:id:meta-kimura:20180708111317j:plain

 2年ぐらい前に梅シロップを炭酸水で割った梅ジュースの美味しさに目覚めてから、梅仕事が年中行事のひとつになった。今年は長距離の引っ越しもあってドタバタしたが、それでもなんとか梅仕事をしようとして、引っ越してスグにスーパーに走り込み、いやいや、スーパーで揃えたものでやるのもなぁ、ってことで養老の道の駅で見つけた梅をもういっちょ仕込み、そうこうしているうちに友達から海士町産の梅が届いたからおりゃーっと勢いで3つの梅シロップができあがった。

 左から、島根県海士町産梅プラス中日本氷糖、岐阜県養老産梅プラス養老の水でつくった氷砂糖(氷砂糖も道の駅で見つけた)、和歌山県産梅プラス中日本氷糖である。養老の梅は途中で発酵してしまったので、一回梅を取り出してから火を通した。濁っているのは発酵しちゃった関係だと思われる。一番右のシロップが減っているのは、既にそれなりに飲んだからだ。

 3つ作った。3つ作ったからには、飲み比べたくなる。それが人情である。本日、遂に飲み比べを決行した。

●◯。。。...

 当たり前のことだけれど、どれもウマい。そしてまた当たり前のことだけれど、それぞれに個性があって、それがよい。スーパーで買ってきた和歌山県産はプレーンで安定したアベレージヒッターだ。ふむふむ、これこれ、といった定番の味を提供してくれている。少し発酵気味の養老産は酸味があってとても爽やかな仕上がりになった。梅シロップづくり的には発酵は失敗だけれど、これはこれでいい。変化球を投げたのは、海士町産だ。香りが違う。土の匂いというか、おばあちゃん家感がある。クセがあって、ハマりそうな味になった。

 三者三様。実が熟していたかどうか、ホワイトリカーを使ったか、酢を使ったか。つくり方もタイミングも違うから、実験にもなっていないけど、楽しいからそれでいいのである。美味しいからそれでいいのである。美味しいは正義なのだ。

●◯。。。...

 これで、この夏は躊躇せずに梅ジュースを楽しめる。こんだけ作れば、十分、残暑が終わるまでもつだろう。

 

m(_ _)m

 

 

中日本氷糖 国産原料 ロック 1kg

中日本氷糖 国産原料 ロック 1kg