meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』と、申請ができない学生たち

f:id:meta-kimura:20180224115851j:plain

 春が近づいてきた。年度末である。少しずつあたたかくなるこの季節。昔は秋がいちばん好きだったのだが、ここ数年、一気に春の株が上がっている。寒さが緩む。日が差す。世界が明るくなる。とても気持ちがいい。

●◯。。。...

 さて。そんな季節に恒例となっている仕事がある。卒業証明書の事前申請だ。この春に大学を去っていく学生たちが、卒業証明書だとか成績証明書だとかの申請をする。ただ、まだ卒業したわけではないから、「事前」に申請するということである。これが毎年、結構な数になる。わりと面倒な処理が必要で、それなりの大仕事になってしまうものだ。
 初めて担当したのは3年前で、要領が掴めていなくてどえらくめんどい思いをした。なんせめちゃくちゃ「申請ミス」が多いのだ。そのフォローのために100枚以上封筒を手書きするという作業をしなくてはならなかった。これではマズい。こんなことで残業なんぞしたくない。手続きを見直し、申請の仕方がわかるようにして、次の年には手書きする封筒が10枚にも満たなくなった。よしよし。まずまずこれでいいなと、思っていた。

 ところが、である。今年も申請ミスが出る。ミスの件数、発生率については去年とほとんど変わりがないように感じるが、どうも、件数が少なくなった分、ミスの内容が目立って見えてしまうようである。どうしたらこんなミスができるのだろうか。そもそも申請する気があるのか、これは。ちゃんと書いてあるのになぁ。ちゃんと、読めよ。

●◯。。。...

 ここで『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の話がポンッと頭に飛び出してきた。そうか。読んでないんじゃない。読めないのかもしれない。ただし、大学を卒業しようとする学生と、大学院を修了しようとする学生である。子どもたち、というにはだいぶと大人だろう、とも思ってしまう。
 肌感覚では、軽微なミスが1割程度発生する。書き直しが必要なミスは全体の0.5割弱になる。数は少ない。少ないけども、処理する側からすれば勘弁して欲しいと思えるインパクトになっている。いや、まじで勘弁して欲しい。ご不明な点があるなら、スタッフに聞いて欲しい(心の叫び)。
 そういった学生は、本当に読めないのかもしれない。読めないのであれば、これは由々しき事態である。ちょっと将来を心配する。確定申告でもないし、年末調整でもない。細かい字がいっぱいに並んでいるわけでもない。それでも、申請書の裏に書いてあることができないとしたら。背筋に寒気が走る。
 著者の指摘通り、社会が成り立たなくなるだろう。

●◯。。。...

 読めない人がいる。この事実を明らかにしたのがリーディングスキルテストである。リーディングスキルテストについては、以下に具体例と回答率があがっているので、興味のある人は見てみるといいと思う。

http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20160726-2.pdf

 検索してみたら、教育のための科学研究所のホームページも出てきた。来年度からリーディングスキルテストの団体受検ができるようになるらしい。ちょっとみんなで集まって受けてみたい。

www.s4e.jp

 内容はというと、読解力というよりもむしろ、論理力のような気もするものだった。論理パズルほど考えるわけではないもの。答えが書いてあるので、あとは間違えなければ、ケアレスミスさえしなければ、間違えようのないもの。そんな印象である。
 この点、野矢茂樹さんが『論理トレーニング』から『国語ゼミ』に行き着いたルートと似ている。読みの多様さ、豊かさに触れる方向ではない。「商品を買ったら、お金を払う」ぐらいの社会的当然を、「りんごを1つ持っていて、新たに2つもらったら、持っているりんごは3つになる」ぐらいの論理的正確性を求めていくような方向なのだろう。言ってしまえば、常識、のようなものかもしれない。
 ぼくもそれぐらいの常識スキルは持っていて欲しいと思う人種だ。トンデモ発想、トッピな論理も好きだけれども、あまりにも話が合わなくて困ってしまうというのは辞めて欲しい。スタッフがみんな出払っていて、居残ったひとりが電話対応してるときに窓口からオイコラ言われても困る。対応できない状況であることは、見りゃーわかる。

 みんながリーディングスキルを身につけた社会は、たぶん、ぼくらにとって楽な社会なのではないかと思う。読むことは、相手のロジックをトレースすることでもあるからだ。道筋を追えることは、いわゆる相互理解にも役に立つ。多様な価値観、世界観が共存するための必須スキルとまで言っていいかもしれない。
 ただ、楽でいいのか、とも思う。話し合えないところをどうにかつなげる努力が、コミュニケーションではなかったか。通じる前提を持たないことこそを、大切にしていきたいのではなかったか。話し合えない人と、どうやって話そうか。そんな壁に立ち向かっていくところに、人間のクリエイティビティみたいなもんがあったような気がする。要はマゾっ気である。
 持つべきは、スキルではなくて、姿勢なのだろう。だから、わたしは今年も、くっそー、なんでこんな申請もできんのじゃー、と愚痴りながら、申請のプロセスを見直すのである。あちらの世界に足を踏み入れるための方策を考えるのである。それはたぶん、リーディングスキルテストからリーディングスキルトレーニングを生み出していくようなことと同じなのだ。

●◯。。。...

 ところで、ぼくはちゃんと読めてるんだろうか。読めるってなんだろう。

 

m(_ _)m

 

 

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

 

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

 

 

大人のための国語ゼミ

大人のための国語ゼミ

 

 

それは、人の問題か?

f:id:meta-kimura:20180102170106j:plain

 年末から、ずっとこの問題が尾を引いている。ソーシャルな組織におけるマネジメントの崩壊。それがなぜ起こったのか。なぜ悲劇的状況にまでなってしまったのか。近しい組織で起こった問題でもあり、同じような経験をしてきたつもりもありで、就職活動の合間にあちこちで起こっている議論をばつまみ食いしては、うーんと唸っている。労務管理、理事会の機能、それらの問題は確かにあっただろう。
 ただ、やはり、そこが本質とは思えない。では、組織の代表の人間性の問題なのか。いや、そんなことを言っていいのか。どうか。

●◯。。。...

 罪を憎んで、人を憎まず。この言葉がまず思い浮かぶ。福祉とか心理とかその辺の用語で言えば、問題の外在化、である。人と問題は、まず引き離す。妖怪ウォッチ的な考え方であって、わたしが朝起きれないのは妖怪朝眠い魔人の仕業と考える。こうみなすことで、では魔人を倒すにはどうすっぺか?という議論ができるというやつだ。誰もわたしが悪いなんて、ぐーたらだなんて、寝過ぎだなんて、責められなくなる。
 だが、次にはこの言葉が出てきた。「分けて、分けない」だ。ここが今回の騒動では、明示的に言及されていないような気がする。たぶん、おそらく、わたしが見た限りでは。石黒さんが以下の記事で間接的に書いてたけど。

 問題を外在化する。外在化したけれども、では、そいつとは無関係でいられるかというと、そうではないのだ。友達になるなら話しかけないといけないし、ぶっ倒すなら殴りにいかなきゃならない。分けた後は、もう一回、「分けない」にする必要がある。問題との関係を立ち上げることで、アイダができる。そこに取り組めるかどうか、なのだろう。
 ややこしいことに、大抵の問題は人と人の間に起こるので、誰かひとりに責があるものとしても捉えられない。コミュニケーションは双方の協力によって成立する。どちらか一方を責められるものではない。妖怪は必ず間に生まれるのだ。だから、関わる人たち全員がその妖怪と無関係ではいられない。その妖怪を放棄したときが、関係崩壊のときなのだ。

●◯。。。...

 わたしは今までにいくつかの放棄をしてきた。妖怪にアプローチするのにだって、体力がいるし、精神力もいる。わたしの小さな容量は、スグにパンクしてしまう。コミュニケーションの相手が、間にいる妖怪に気づいているかどうかも問題である。妖怪は、大抵の場合、醜い。見たくないものなのだ。
 その自覚は、あるだろうか。妖怪を生み出した、自分の欲望に気づいているだろうか。誰が英雄になりたかったか。誰が守られたかったのか。その牙を鋭くする必要は、どこから生まれたのか。
 欲望というのは、なかなかにじゃじゃ馬である。どう手なづけていいやら、わたしも困っている。「資本主義の次は足るを知る主義じゃね?」と言っていた友人の言葉が、今は、とても遠いことがわかる。人間の業ってのは、デフォルメして、ゆるキャラにでもするのがいいのだろうけど、まだ、そこまでの巧さは持ち合わせていないようだ。

 ところで。人と問題は分けたがるのに、人と成功は分けたがらないのは不思議だなと思う。人間、意外とお人好しで、ご都合主義なのだろう。分けるも分けないも、因果同時みたいなものであって、気分次第で、自在なのだ。

 

m(_ _)m

 

 

 

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)

鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)

 

 

マネジメントだとか、組織のことを考える。

 

f:id:meta-kimura:20180102171152j:plain

 

 「マネジメントにとって、一番大切なことは何だと思いますか?」と聞かれて、困ってしまった。いつかどこかで受けた面接でのことである。はっとして、むっと黙った。ビジョンを共有すること、なんてありきたりな答えがおそらくの正解かもしれない。しかし、そんなことが功を奏するとも思えなかった。苦し紛れに口から出たのは「無理をさせないこと」だった。一周まわって、やたら陳腐でチープな答えになってしまった。これは失敗だったなと、あとで思い返した。
 なぜそんなことになってしまったのか。それは、未だに「気持ち悪さ」の正体が掴めていないからだ。わたしにとって、マネジメントは「気持ちいい」と「気持ち悪い」に分けられている。この気持ちの問題がほどけないでいるのだ。

●◯。。。...

 人と人の関係はフクザツ系である。おかんに「醤油とって」と言われるのと、友達に「醤油とって」と言われるのでは、全くもって快さが違う。これが「醤油とってくれん?」に変わると、また印象が変わる。もちろん、レストランで食べているのか、家で食べているのか、どのようなメンバーで食べているのか、状況によってコロコロと気持ちが変わる。Aを入力したから、Bが返ってくるというものでもない。
 だから、気持ちが悪いといったとき、どうして気持ちが悪いのかと問われても困ってしまう。原因があった結果、気持ち悪いという結果が出てきました、と言い切れないのだ。そして、原因が取り除かれましたので気持ちいいでしょ、と言われても困惑した表情を返すのみとなってしまう。

●◯。。。...

 これはもうアートである。マネジメントはある意味で職人芸とも思える。あらゆる状況をそれとなく感じて、意識的に、もしくは無意識的にその場を支える。傾聴だとか、面談だとか、そういった類のツールはいくつか用意されているし、コツもあるだろうし、それらを軽視するつもりもないけども、なにかそのようなノウハウでは語られていないところの霧があって、そいつをうまく扱おうとすることにもっと目を向けた方がよいのかもしれないと、考えている。
 雰囲気とか、文化とか、そういった言葉に近いか、どうか。今のわたしの言葉で言えば、スタイルや姿勢や、様子や文体なのだろう。そこが経営理念やビジョンや目標と重なってくると、気持ちのよさが前に出てくる。逆に、攻撃的な言葉で平和を求めるデモ行進には、距離を置きたくなる。それが気持ちいい人たちもいるだろうし、そうせねばならぬ状況も理解できなくはないから、否定はできないけども。

●◯。。。...

 こう書いてくると、言行不一致だと気持ち悪くて、一致してると気持ちいいって話になるのだが、そうでもないのが厄介なのだ。筋が通っているのは確かに気持ちがいい。しかし、筋が通っているかどうかよりも、筋が通っているっぽいかどうかの方が大切であることが多い。指示を出すにしたって、指摘するにしたって、反論の余地のない正しさをぶつけられたら、防御するのが常である。
 智に働けば角が立つ、である。情に棹をさしつつズラすが理想であって、その理想自体も正し過ぎる正論とも見える。とかくこの世はめんどくさい。めんどくささを積みかさねて、やっと文化や土壌が見えてくる、、、と、いいなぁ。

●◯。。。...

 冒頭「無理させないこと」と答えてしまったことを書いた。これは、上からも下からも無理させないが大切だなぁ、しみじみ思ったからであった。容量が一杯になると、自分が見えなくなる。理想高く、やることばかりを詰め込むと、自分の欲望にも気づけなくなる。欲を受け入れる余地がなければ、いずれ暴発する。
 以前、男の子はいつになっても、どれだけ意識をしても、マウンティングしたがるものなのだなと痛感したことがあった(自分自身も含めて)。対等なんてあり得ないものであることも、大いに身に染みた。そこから始めることができるかどうかが、決め手なのかもしれない。そこから始められる状況が、まず最初にあって欲しいとも思う。

 

 

m(_ _)m

 

 

ダイアローグ 対話する組織

ダイアローグ 対話する組織

 

 

われら、後始末世代。

f:id:meta-kimura:20171202115559j:plain

 あけましておめでとうございます。2017年が閉じて、2018年が開きました。実家に寄生、いや、帰省中の身にて、絶賛寝正月のゴロゴロまっただ中にいます。様式が定まっているような、いないような、曖昧な儀式的いつものことをやり過ごして、毎度毎度の新年がはじまります。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 はてさて。
 新年の初っ端に何を書こうかと悩みながら散歩に出て、年末は非営利組織のマネジメントが問題になってたなぁ、などと頭が巡り、巡り巡って、そういえば「後始末世代宣言」はしてなかったというところに行き着きました。これ、後始末だよなぁ、ってことにもう少し自覚的になってもいいのではないかとか、考えていたのです。

●◯。。。...

 われらは後始末世代なのです。まぁ、バブル以降は大概が後始末なんだと思ったりもするんですが、ジャパン・アズ・ナンバーワンの幻影がその後も少し残っていたと考えると、氷河期世代でいよいよダメ感が顕になって、ゆとり世代が社会に出てきたぐらいのタイミングでいよいよ人口減少社会に突入となります。
 ちなみに推計では、2017年の日本の人口自然減数は40万3000人というニュースが流れていました。長野市宮崎市の人口と同じぐらいらしいってことですが、島根で言うと松江市出雲市がまるっと消えた感じになります。一番人口が少ない鳥取県が56万人ぐらいなので、県規模で見てもかなり消滅感がありますね。もともとの県の人口が少な過ぎるって話は、もちろんありますが。
 年末には、NHKラジオからしきりにプライマリーバランスであるとか、国の予算に占める借金の割合、なんて言葉が聞こえてきてました。1000兆円を超える借金があるやらないやら、それは大丈夫なことなのか、そうでないのか、やんややんや。あまりに危機感を煽ると、それはそれで一気に雪崩がおきちゃいそうで、聞いてる側としてはなんか無駄にハラハラしちゃったりもしていました。
 成長を前提とすることはできず、人口は減り、打ち出の小槌は使えない。高齢化社会に対応するための予算は膨らまざるを得ないような気もするし、耕作放棄地も、空き家も、管理ができない山や土地やがガシガシ出てきます。近い将来には現代版の山賊が出てきてもおかしくねーなー、と思ってます。これら種々諸々をどうすっぺか、ってのが後始末世代の課題です。
 何も詳細がない持論・暴論ですが、まぁ、そんな風に考えてます。われらが後始末せんと、次の世代が育たんとです。

●◯。。。...

 人口減少問題は、人口構成問題です。人口ピラミッドが逆三角形に、頭でっかちになっていることが危険なわけです。多数の高齢者を、少数の若者で支えなきゃならぬ、という状況に社会システムが対応していないってとこが、しんどいのです。支えなきゃならぬの若者は子供を育てにくいわけで、そうなると逆三角形は面積を縮小しながら続いていくという結論になります。団地でも、会社組織でも、同じです。同世代の人員を一気にどかんとぶち込むといずれ同種の問題が発生します。正直、なんでこーなったねん、という気がしないでもないですが、こーなってるものはしょーがないです。
 今のうちに、気合を入れて、決断をして、できるだけの掃除と整頓をしておきたいという気持ちにもなります。ひとまずは逆三角形のシステムとスタイルをつくっていく必要があるのだろうと、そんなことを思ってます。

 

 

 

m(_ _)m

 

 

 

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)

 

 

人生はおもしろい。

f:id:meta-kimura:20171121163323j:plain

 人生はおもしろい。こんな文章を、手汗をかきながら、心の底から湧いてくる焦燥感を必死で抑えながら、そしてどこかで自分をおもしろがりながら書いているのだから、やっぱり人生というのはおもしろいものなのだなと、思う。
 予想外の出来事に、ままならないことに、この2年ほどは立ち向かって来なかった。道は決して平坦ではなかったけども、時間はそれなりに流れていて、そこにぷかーっと浮かぶようにして過ごせばよかったのだ。庭の木を切ったり、ビワの皮を必死で剥いたり、酒粕をお茶パックに詰め込んでお風呂に投入したり、断熱材を探してホームセンターをまわったりすることが、日常の要請であり、楽しみであり、暮らしであった。
 今まで、1年をこれほど短く感じたことはなかったかもしれない。なるほど、こういう世界にみんなは住んでいたのだな、などと納得したりもした。今年の1月にやることと、来年の1月にやることが、それほど大きく変わることはない。周期とリズムがある。想定は余裕を生む。組織としての、大きな共同体としての崩壊の音は遠くにあって、耳にしたところで、基盤は揺るがない。そう信じ切っている。これはこれで、よい世界なのだろうと思えていた。

 4月の終わりには今の仕事がなくなることは知っていた。モジモジ、ウジウジして転職情報なんぞを眺めていただけのぼくに、解約通告書が届いた。

●◯。。。...

 5月末までに今の住処を退去をせねばならない。借家であるということは、そういうことである。むしろ、半年も前に知らせてくれたのだから、良心的だろう。大家さんの事情によるもので、そこになんの問題もないし、つっかかりもない。ただ、住んでいる人間からすれば、びっくりである。動揺である。震撼、、、とまではいかないけども、不安である。
 年末の仕事帰り、不動産屋さんから届いた薄っぺらい封書が重々しくのしかかってきた。そうかぁ、というため息がひとつ。あとから笑いがこみあげてくる。まったくどうしてこうなのだろうと、呆れたような、一方で、どこかしらにあった鎖を断ち切られたような、捉えどころのない、懐かしい感覚だった。ひとり、スーツも脱がず、ストーブも付け忘れたままニヤリと笑った。2012年と同じじゃないか。これはネタになる。

●◯。。。...

 遡ること5年ぐらい前、2012年の春、4月末に職と住を同時に失ってしまうという危機に直面していた。そういえばあのときも、起業支援ネットで担当していた事業がそれなりにひと段落を時期を迎えていて、秋から冬にかけての時間の流れが早いなと感じていたときだった。
 2012年の4月1日に作成したと思われるパワポ資料では、スラムダンクの仙道が「まだあわてるような時間じゃない」と言っている。まぁ、馬鹿である。当時、シェアハウスというかルームシェアで一緒に住んでいたもちさんには「あわてろよ!」と言われたような気もする。実際、あわてた方がよかったのかどうかは、今でもわからない。
 その頃は、なんだか名古屋に友達がいて、家も職も友達だよりで転がりこむようにして、実際、転がりこんだ。引っ越しにはなぜか東京から、しかもハードワーク明けの助っ人が来た。その頃、ご近所さんだったF氏がものすごい手際で段ボールにぼくの荷物を詰め込んでしまい、あれよあれよという間に新しい生活が築かれてしまったのだった(全く関係ない話だが、あの手際で動けるF氏の自宅がなぜモノで溢れかえってしまうのかが本当に不思議である)。

●◯。。。...

 あの頃との違いは大きい。ぼくはもう若くはないし、ひとりで動きたいとも思っていない。背中を押してもらった感じやね、と言われて、まぁ、そういうことなのだろうなと頷いた。松江は好きだし、ここで仕事を見つけて住んでいくことに何らの不満はないけれど、今の場所にこだわっている場合ではなくなった。視野を広げようということで、一致した。仕事次第で動くのも、残るのも、それはそれでよし、なのだ。

 にしても、である。職住問題が一気に噴出するってのは勘弁して欲しい。年始早々から忙しくなる。年度末年度始めなんて、もともと繁忙期も繁忙期なのだ。こういうことはおもしろいように重なる。退去の前にお客を招きたくもあるけども、それもとにもかくにも次が決まってからの話だろう。

 動かねばならぬ。
 いい話があれば教えてください。(←切実)

 

m(_ _)m

 

 

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)