meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

四畳半神話大系




 四畳半神話大系が終わった。
 今期一番の名作だったんじゃないかと思うのは、
 私が京大出身だから、というわけでもあるまい。

 ただ、仮にこのアニメのメインターゲットがあるとするならば、
 私はまさにそのど真ん中にいるのではなかろうか。
 (いや、メインは現役生か。。。)


 ほんとに、大学時代を思い出させてもらった。
 かもがわデルタ対岸からのロケット花火攻撃なんか、
 あんなに派手ではないにしろ

 「 そういや寮生と飲んでた勢いでやったわ~w 」

 とか。


 【 コンパ会場に向かってロケット花火を打ち込む小津 何だか楽しそうw 】


 このアニメ(というか小説)、
 驚くべきは、90年代後半から00年代の京大の典型的雰囲気を非常によく
 描いていることである。

 僕の浅はかな理解ではあるが、80年代後半ぐらいまでは学生運動に走り、
 反体制の機運高く、やーやー言っていたはずである。
 それが、「どうやら頑張っても受け入れられないらしい」と気づきはじめた学生は
 90年代から少しずつ倦怠期に入る。

 社会から切り離し、無為に、また享楽に、怠惰に時間を費やすようになり、
 00年代には真面目な学生が増え、ある意味普通の大学に寄っていく。

 そして、遂には、

 「僕でも バラ色のキャンパスライフ がおくれるのではなかろうか」 と、
 ガラにもないことを思い始める。

 が、

 所詮、京大生である。

 とにかく不器用である。

 合コンとかで、ニーチェだ、ハイデガーだ、とか話したりする人も実際いる所であり、

 要はアホである。


 切なくなるほどアホである。


 結果として、下手に社会に順じようとした不器用な京大生は、ただ無駄なことに時間を
 費やすわけだ。

 嘆かわしい。      いや、 嘆かわしいか?

 それはそれでいいんじゃないだろうか?



 開き直ろうが、なにしようが、結局、京大生の多くは無駄に時間を過ごす。

 今の時代、反体制だなんだとやーやーやってもあまり効果がない。
 とはいえ、スマートに内部に入り込んで変えていく柔軟性には乏しい。

 ならば、新しい価値を発見するため、
 ひたすら無意味に遊んでみるのもよいではないか。

 その時間には、おそらく何らかの意味がある。   そんなふうに思う。




 なんだか京大の話になってしまったが、
 もともとそのつもりだったw

 別に京大生じゃない人でも四畳半神話体系はおもしろいので、
 みなさんにもオススメである。
 (但し、下ネタに弱い純真無垢な女子は注意が必要)

 ほんと、制作者の方々おつかれさまでした。
 いいアニメをありがとう!

広告を非表示にする