meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

マズローの5段階欲求を逆にしてみた


 久しぶりにエンドゴールの平日勉強会に参加できた。

 毎度大久保さんの話は、脳が活性化する感じがして、
 この寝キャラの私が、全く眠気を持たずに聞けるから不思議だわ。

 ほんで、今日の話の中に出てきたおなじみ、マズローの5段階欲求。
 あの自己実現を頂点にしたやつね。

 これ、ふとみると、大概ピラミッド型で描かれてて、なんだか
 自己実現に至るのはとっても優秀な人だけに見えてしまうなと。

 事実、自己実現の欲求に至る人が少ないからこういう表現になる
 んだろうが、現代の日本社会で生理欲求段階にいる人が一番多い
 ということもない気もする。

 なんで、こんな図もありかな、と思って作ってみた。




 多分、今、日本で一番多いのが、所属~承認の欲求段階の人。
 それが、文明が進むにつれて、遂には自己実現が当たり前の世の中に
 なるのでは? と。

 そこまできて、ある仮説に思い至った。
 その時代々々のマズローの5段階欲求の形をみれば、その社会に適切な
 統治システムがわかるのでは?

 正直、みんなが自己実現してるような世の中なんて想像もできんが、
 そうなってこそ、本当の民主主義が実現されるのか、あるいは民主
 主義のその先が見えるのか。

 全員が自己実現目指してたら、収拾がつかなくなりそうで怖くも
 あるが、その方向に向かっている気はするなぁ。

 と、そんな変な妄想のような、気の迷いのようなことを考えていたり。





 そんで、やっぱり大久保さんがすごいのは、こういう世迷いごとを
 ぶつけてもちゃんと話してくれるところだ。さすがである。

 ほんと、いつも楽しい時間をありがとうございます。
 いきなり「瞑想したい」とか、どキラーパスを投げてすんませんでしたw

広告を非表示にする