meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

誰かに届けばいい、というコミュニケーション の、先。


 コミュニケーションモデルが変わりつつあるといわれている。
 とある人が、「 5年後ぐらいになったら、 twitter 以前と以後でコミュニケー
 ションが変化したのがわかるんじゃないかな 」という話をしていた。曰く、
 ブログやその前から考えて、ずーっとコミュニケーションの流れをみていった上
 で、さらに、これからの展開を予測すると、境目は twitter になるのだそうな。

 どう変わるのかを教えてもらえなかったせいで、ここ数日 twitter 以前と以後
 という切れ目を行ったり来たりして
考える羽目になった。

 まったくもって、この地域の支援者は答えを教えてくれない人が多くて困る。
 考えを表現してくれないと、検討することもできないではないかw



 と、いうことで、2010年最後の記事は、コミュニケーションモデルに
 ついて。会話や手紙や郵便の話は割愛して、インターネットが出始めたときから
 考えてみよう。

 聞いたことのあるまとめ方では、

 一対一 ・・・ ユニキャスト
 一対多 ・ マルチキャスト( 一対全部 はブロードキャスト )

 というのがある。さらに多対多とか、少対少ってのもあるけど、正直本質的な
 違いはないと思っている。ありていに言えば、インターネットが出てきたことで、
 ユニキャストからマルチキャスト(がしやすい環境)に変化した、とはいえそう
 である。

 ただ、ブログをマルチキャストと言ってしまっていいのかどうかには、疑問が残る。
 そんなに人気があってみられているブログが少ないからだ。


 おそらく多くのブログは、エニーキャストに近い。エニーキャストってのは、
 「 あるグループに投げて、誰かがその情報を受け取ってくれればいい 」
 というモデルである。誰も受け取ってくれなかったら困るけど、誰か一人が
 受け取ってくれたら満足をする。インターネットの通信技術の1つなのだが、
 考え方だけをとれば、とてもゆるやかである。

 

 ブログの場合は、フィードバックはあった方がいいけど、なけりゃないでいい。
 誰かに読まれているのがわかれば、まぁ、満足。という人が多いのではないか?
 その中でも、フィードバックが欲しいし、何に向けて発信しているかはっきり
 させたい人が、ソーシャルネットワーキングへと向かう。

 ( ちなみに、意外に any に向けて何かを書くというのは難しい。デジタル
   世代ならではの技術ではないだろうかと思う。 )


 さて、その流れの中に twitter を乗せてみると、もはや、

 「 特に届かなくてもいい 」

 という特質に改めて気付かされる。「 つぶやき 」は届くことすら保証され
 ていないコミュニケーションなのである。ここまでいくとコミュニケーション
 なのかどうかというところも怪しい(笑)

 ここにおいて、コミュニケーションモデルから「 相手 」が消える。その
 代わり見えてきそうなのは、クラウド化した情報の固まり。会話ともおぼつ
 かない発信が飛び交っている場である。

 つぶやきはその場に一石を投じる。 人の目にとまれば、また場に向けて返
 される。



 多くの発信が集まった場では、会話が乱反射し、その空間を満たす情報となる。
 多対多のコミュニケーションがひたすら行われたイメージだと思う。

 その情報空間の中で、一対一を見いだしていくのがこれからのコミュニケーション
 の先であって、DOMOもその流れにのっているんではなかろうか?



 そしてそして、その一対一は、従来の「 ユニキャスト 」ではなくなるはずだ。



 最初の話に戻る。
 twitter の話をしていたある人は、こうも言っていたのだ。

 「 だから、僕は twitter はしない。
   理由は5年後ぐらいに見えてくるんじゃないかな 」 と。

 どうにも理解できそうな話でもなさそうだが、気になる気になる話なのだ。


 2011年を目前に控えて。