読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

お金の使い方に関する、1つの考え方

考えていること

 最近の僕はひどく怠惰である。 どうしようもなく睡眠時間が長くなっている
 のは、次の進路について考えていることと無関係ではなく、いつもうんだらう
 んだら悩んでは、思考停止に逃げているようである。


 さて、そういうことは、またの機会にまとめることにして、ちょっと「 お金 」
 の使い方について書いてみたい。( お金とは何か?という問いにも一旦のま
 とめをつけなければなぁ。。。 )

 僕は、世間一般の感覚から言えば、紛れもなく低収入であるw 年収で言えば、
 200万ぐらいになるんだろうか?これで名古屋市内の3LDKに住んで、普通
 に生活してる( ルームシェアだけどw )ってんだから、すごいんじゃない
 かと、自画自賛してみる。 と、いうより、若い社会人の中では、かなり豊か
 な生活をしているようにも思う。

 部屋は広いし、親はいないしw、西粟倉の木の床とか買っちゃってるし、本も
 結構買っている。パソコンはmacbookairの前のバージョンだけど便利なやつ
 を持ってるし、カメラのレンズは4万円したw あと、月1回は必ず遠出をし
 ている。 ある種物欲のかたまり的なところもあって、「 もし僕があと100
 万円稼いでいたら 」とか考えると夢のような生活になる。それができてない
 情けなさも感じながら。。。


 そんなこんなでゆるゆる生活してるんだけども、しばしば心苦しくなることが
 ある。私の「 お金の使い方 」は1点豪華主義にならざるを得ないからだ。
 ( と、ここを ならざるを得ない と表現してしまっていいのかも疑問だ )
 つまりは、普段の買い物について、どうしても節約してしまう。例えば、何で
 もいいんだけど、ハサミを買うとしよう。 ハサミを買うのに、一番安いのは
 100円均一であって、それで機能的に不自由しない。ゆえに100均に行ってし
 まう。と、これは他の誰かの低収入や過酷な労働に跳ね返らないだろうか、と
 思ってしまう。

 野菜やお肉は国産を選んではいる。それが、納豆や豆腐となると、まだまだ、
 「 きちんとお金を使い切れていない 」というのが現状である。そして1点
 豪華主義は低価格帯のものに対してケチるために、低価格→低収入的産業を
 ピンポイントに狙って首を絞めつける。我ながら、どうにもアホなことを続
 けているもんだなぁ、と思っている。こういう変なケチっぷりって将来に不
 安を持つ若手に多いんじゃないかなぁ、とも、思う。


 その安い靴下は、いったいどういう産業構造への「 賛成票 」なのか、と。




 まぁ、そんなに思いつめてもナンだし、そもそもアフォードするものを稼げ
 てないんだから、仕方がない。ただ言えることは、僕が普通の会社員になっ
 て、年収300とかそれ以上になったら( って、いつかなるんだけどw )
 「 いい消費者 」になる自信があるってことだ。全ての消費にこだわって
 生きていくってのは難しそうだけどね。









広告を非表示にする