meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

なぜ、名古屋でプロボノか? 現段階の考え



 暑いですね。。。最近は旧型Airmacさんが火を吹くような熱さを
 放っておりまして、あんまり長時間キーボードを打ってられません。
 、、、というのは、言い訳かもしれませんがw 節電モードでクー
 ラーつけないのはいいんですが、保冷剤で頑張るってのもなかなか
 きびしいものがあります(;・∀・)

 さてさて、なんだか最近周囲がプロボノってきたので、プロボノ
 ついて今考えていることを整理しておこうと思います。「 プロボ
 ノってなんじゃい? 」な人は、以下をご参照のこと。


 要は自分の職業で得た知識・技術を活かして、ボランティアする人
 のことです。僕が知る限りでは、ここ1~2年のうちにぐぐっと広
 まってきた言葉。東京では既にプロボノをコーディネートする団体
 があり、ひとつのボランティア・社会貢献のあり方として定着しは
 じめています。サービスグラントを知ったときには、「 おお、東
 京ってのは、こんなにも進んどんのか!? 」とびっくりしたもん
 です。

 一方で、東京以外の地域でプロボノどうこうって話はあまり聞きま
 せん。( 僕が積極的に情報を集めてないからかもしれませんが )
 名古屋でもプロボノを名乗って活動している方にはお会いしません。
 でも、そもそも普通のボランティアとして、プロボノ的に活動され
 ている方はそれなりにいる気がしています。


 では、敢えてプロボノを名古屋に植えつける意味って何なのでしょ
 うか?


 僕はこの疑問について明快な答えをもっているわけではありません。
 ただ、1つ考えられるのは「 ビジネスセクターの人たちを巻き込
 んだムーブメントがつくれる 」のではないか、という淡い希望を
 抱いているということです。

 そもそも、ひどく理念チック、もしくは、思想に偏りの多いNPO
 の中に、ビジネスな人たちが入っていって、能力を活かした支援が
 できるとは思っていません。もちろん、各NPOの事情にもよりま
 すが、ビジネス/非営利の間にある感覚の溝はわりと深い。そうな
 ると、NPOレベルアップのためのプロボノってことには、実は、
 ならないのではないかと考えています。

 だから、プロボノの効果はもう少し大局的にみないといけない。そ
 こで出てきたのが、「 ビジネスセクターの巻き込み 」です。東
 京では、NEC社会起業塾などを筆頭に、「 社会起業 」という
 切り口でビジネスと社会貢献の交流が行われているように見ていま
 す。一転、名古屋にもブラザー工業の東海若手起業塾や、トヨタ
 豊森なりわい塾があるにはあるのですが、まだまだ、ビジネスビオ
 トープと社会貢献ビオトープの間の回廊が開けていない、のではな
 いかな、とは思います。あくまで個人的な見解ですが。

 で、言わずもがな、プロボノは企業とNPOの連携に発展していく
 あり方です。誤解を恐れず言えば、とってもCSR的です。企業が
 乗ってきやすい言葉です。 だから、 名古屋でもやってみたらい
 いんじゃないか、と思うわけです。

 支援する個人が、セクターを超えて動きまわることにこそ、プロボノ
 の意味がある。そんなふうに考えていたりします。



 長々と、当たり前のことを書きました。いつもそうですが、あまり
 知識・情報がない中での現段階の考え、ですので、あしからず。
 もうちょっと支援についての深い話がしたかったけどまとまりが
 なくなっちゃうので、それは別記事にまとめますm(_ _)m


 




広告を非表示にする