読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

コミュニティとビオトープ

考えていること


 最近、自分ではコミュニティって言葉を使わないようになってきて
 いる。もともとコミュニティの中で生きていけるような人間でもな
 いから、いつかどーにかこの言葉じゃないものを探さなきゃならな
 かったんだとも思う。

 最近ちらっと読んだ『 コミュニティを問い直す 』に、日本には
 都市的なコミュニティがない、って話が書いてあった。曰く、都市
 化はしていったものの、そこに持ち込まれたのは核家族や会社とか
 の「 都市の中のムラ社会 」だった、とか。全く同感、うんうん
 とうなづくしかない指摘だった。

 人によって意見は様々あるんだろうけど、僕はムラ社会とか言われ
 る閉鎖性の強い、しがらみの多い世界では生きていけない性格にな
 ってしまっている。もっと言ってしまえば、そういうのが嫌いであ
 る。息苦しくって仕方がなくなる。数年前までは、こういうムラ社
 会が否定されて都市ができてきたんだ、とか考えてたんだけど、そ
 れがどーも違うようで。。。都市にいようが田舎にいようがおんな
 じだな、と気付いたのは1年ちょっと前かな。わりと都市と田舎っ
 てのは、遠いようで近いと思っている。

 そんなことを感じていたから、金山でルームシェア「 Room-1984 」
 をはじめたときに宣言したのは「 硬直しないコミュニティ 」だ
 った。Room-1984自体がコミュニティになってもいいんだけど。そ
 のコミュニティの上を流れていく「 渡り 」な人たちがいる方が
 いい、なんてことを考えていた。その後まもなく、「 ビオトープ 」
 の考え方に出会って、今ではRoom-1984はビオトープの1つと言う
 ようになっている。


:【 前回のNetworkSession お陰様でわりと色んな人が集っている 】

 コミュニティを閉鎖性、ビオトープを開放性とラベリングしてしま
 うとどえらい非難の声が聞こえてきそうなので、そうは言わない。
 ただビオトープという言葉が「 他のビオトープビオトープ間の
 渡り 」を前提に含んでいるのを気に入っているのである。

 ちなみにビオトープってのは、学校のグラウンドとかにある池とか
 木が生えてる一角みたいなやつ。その地域の生物が生息できるよう
 な場所をつくっておきましょう、って感じの言葉だ。ビオトープ
 おもしろいのは、1つでは成り立たないところ。例えば学校の校庭
 にトンボがいたとして、そのトンボの飛んでいける範囲にもう1つ
 のビオトープがないと結局生物の多様性は維持されない。いくつか
 のビオトープが地域に点在することで、その間を昆虫とかが行き来
 することで、生態系を形づくる戦略なのだ。 この、行き来すると
 ころが好きで。

 一所懸命、その土地に根付いて、そのコミュニティに入り込んで生
 きていく美学のようなものを持った日本人からすれば、「 渡り 」
 なんてあんまりよろしくないのかもしれない。そんでも、他ならぬ
 自分自身が自由に動きまわりたいのだから、ビオトープ的な環境を
 つくり出していかなくてはならぬ。コミュニティとコミュニティを
 動き回るための回廊をつくっていくこととか、動き回ってても受け
 入れられるような姿勢を広めることとか。そういうのが相まって、
 やっと多様な生き方が認められるのかもしれない。

 無縁社会とか言われるけど、個人的には人のつながりとか、コミュ
 ニティってのが不足しているようには思えない。むしろコミュニティ
 のあり方を、もう少し多様な人が生きていけるように、もしくは、
 僕が生きて行けるように、組み替えていくことが必要なんじゃない
 かなぁ、とか、考えつつ。





 
 


広告を非表示にする