読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

荒れ地にっぽん


【 電車内から無理矢理撮った竹林。これでもまだマシな方に思える 】

 夏になって青春18切符での移動が増えてきた。この夏は時間が余りに余っているので、あっちやこっちにのろのろと鈍行で移動している。よく考えたらこーゆーのは久しぶりである。3年ぶりぐらいな気がする。気がするだけで、もうちょっとよく考えたら去年も青春18切符で旅行していたことを思い出した。(;・∀・) いやはや、なんともいい加減である。
 鈍行の旅といえば車窓からの風景だ。電車の中から外をぼーっと眺めて、今どのあたりにいるだろうと地図を見たりするのはとっても旅情に溢れた行為であると僕は思っている。どうしてこんなに非効率な移動をするのかと問われたならば、やっぱりこの移動時間の豊かさを答えるだろう。もちろん、本当のところは18切符が安いからなのだけども。
 ともあれ、今日もわたしは鈍行で移動しながら、車窓からぼーっと外をながめている。そろそろ山口県に入ったあたりだろうか。雨が降っていて、どんよりした景色が流れていく。

◎。。。...


 5年ぐらい前からすこーしだけ林業のことを学んできたわたしである。岡山県西粟倉村に行ったことを皮切りに、長野県の大町に行ったり、三重県で木造塾の話を聞いたり、伊賀でわきゃわきゃと遊んだりして、だいたいどんな山が荒れているというのかがわかるようにはなったとは思う。よく言われている話で、間伐ができなくて森が暗いとか、そういう程度のものだが。あのころは「日本の山がヤバいっ」なんてことを言われて、ほんとにそーなのかどうかわからんなー、などと半信半疑になりながら、山の中に入っていた。(余談であるが、できれば手入れされている森と手入れされていない森の両方に入ってみて欲しい。その現場に立って、どういう感じを受けるのか、自分で感じた方がいい。実感というのは非常に大切なものなのだ)
 そんなことをやっていたので、ゴミ拾いすると街中のゴミに敏感になるのと同様に、景色の中にある山とか森とかがやたらと目につくようになった。日本の大半は田舎なので、当然、車窓からはよく山が見える。だいたいいつもぼーっと見てるだけなのでそんなに詳しくはわからないけども、ここ1〜2年でぐぐぐっとヤバさが増してきた感をもつようになった。なんか明らかに荒れているのである。
 まずわかりやすいのが、竹林である。もうぎっちぎちで、折れて倒れてバッキバキになっているところさえある。東京の人口密度もここまではいかぬ、というぐらいに小さな場所にわんさかわんさか生えてしまっている。こんだけ荒れている竹林が多いと、まぁ、竹なんてあんなもんだよと思えてきそうで怖くなる。いやいや、その生え方ヤバいって、不健康だって、という感情を失ってしまうのは危ういことなんだろう。土地の保水力だのなんだのの話もあるが、いや、見たらわかる不健康さなのである。とにかくすんごい荒れている。
 そして、もうひとつ注目してもらいたいのが木の太さ(細さ)だ。山に生えている木がどれぐらいヒョロいか、少し気をつけて見てもらいたい。きっとものすごく細いのに、結構背の高い木があるハズだ。なんだか、蹴れば折れるんじゃないかって気がする木が群生してはいないだろうか。ぼくはそういう森を見つけると、なにか心もとない気持ちになってしまう。
 もう一歩踏み込んで考えてみて欲しい。このヒョロい木は木材として使えるのだろうか。当然、木材として使うときには、皮を剥ぐし、四角く切り取る。ということは、この細さはさらに細くなっていく。さて、そんな木材が、例えば家の建築とかに使えるのだろうか。
 勉強したとはいえ、専門家ではないからその答えはわからない。ただ、実感から言えば、家具の材料としても使えるのかどうか危ういんじゃないだろうか、ぐらいには思ってしまう。それほどに、細い。敢えて言おう、ぼくより細い。(`・ω・´) そんな木がそれなりにのっぽになって山に生えている。そりゃ、土砂も崩れるだろう。

◎。。。...


 とまぁ、こういうのが最近ほんとに多いのである。ついでに、耕作放棄地もすんごい多い。これ、いま山口県通ってるからってわけではないと思う。たぶん、あそこ田んぼだったんだろうなぁ、って区画が雑草だらけになって、切ない雰囲気を醸し出している。こりゃあ、なかなか、大変なことになっているのだ。


【 これも電車の中から。手前のボコボコしてるのは、放棄地?休耕田? 】

 全部どうこうしようというわけでもないし、農地がそんなに簡単に転用できないことも知ってるので、ふーむ、どうしたものかと考え込んでしまう。最終的に、全てをいい状態にするってのは難しいだろう。落とし所はどんなもんなのか、うん、それさえ見当がつかないのだ。

 そんなことをうだうだと書いていたら、車窓からこんな文言が飛び込んできた。「イオンは木を植えています」。えっと、うん、どこに植えているかにもよるから、なんとも言えないけど。。。(;・∀・) どっちかというと、木を切って欲しいんだな。今のぼくの気持ち的には、だけどね。



m(_ _)m

広告を非表示にする