読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

さすがにちょっと、太りたい。part2

f:id:meta-kimura:20150605200759j:plain

 

 体脂肪率ひとけたぱーせんと、kimuraです。5月に友人宅ではかったときには体脂肪率5%でした。そして、最近、玉造温泉にまいりまして。温泉と言えば、体重計です。おそるおそる乗りましたところ、どうやらそのときのわたしの体重、51.5kgだったようです。(;・∀・) いやいや、まさかまさか、服を着てないとはいえ、ね。危機感がムクムクムクと湧き上がってまいりました。

 去年記事を書いたときには、52.05kgだったので、なんと昨年から0.5kgもダイエットしてしまったようです。ちなみに、わたしの身長は174.5cmぐらいです。

 太らねばっ!!(゚Д゚)

 

●◯。。。...

 

 こんなことを言うと、大半の人を敵にまわすようですが「痩せるよりも太る方が難しい」というのがわたしの実感です。この前、髪を切ったときに美容師さんともこの話で盛り上がりました。美容師さんも、いわゆる痩せ型。そして、のっぽです。わたしよりも身長が高いので、ひょろひょろだったらしく、どうやったら太れるのかを考え、実践してきたとのことでした。その結果、今ではだいぶと体重が増えたそうです。疲れにくくなった、とも。これは見習うっきゃない。

 その美容師さんがやったのは、「筋トレ」でした。

 話を聞くに、どうやら1回々々の負荷を高くした筋トレ。ベンチプレスなどの、最大限の力を使っていく系のものを2日に1回、最低週2回、ぐらいのペースで数年続けていたとか。うーん、やっぱり継続は力なり、ってことなのかもしれません。

 

●◯。。。...

 

 ただ、話を聞いて気付いたことがありました。1つは、太ってから絞る、はできないということです。まずは食べて脂肪をつけて、そこから絞れよ、とアドバイスされることはちょくちょくあります。しかし、そもそも痩せ型の人間には、脂肪をつける機能が備わっていないのか、なんなのか。とにかく食べたところで吸収されないか、燃費が悪過ぎてどこかへ飛んでいってしまうのです。なので、まず食べて太る、にはあまり期待ができないと思った方がいいようです。

 振り返ってみると、松江に来てからそろそろ5ヶ月。この期間は非常に恵まれた食生活をおくっています。ちゃんと3食、白米も食べています。うどんばっかり食べてた日々と比べたら、その健康度合いは雲泥の差です。にも関わらず、相変わらずの体型です。早く気づくべきでした。食生活の改善では太れない、と。

 気付いたことの2つ目は、筋肉を肥大化させろ、ということです。

 今まで、プールに行ったり、ランニングしたりで、持久力系のスポーツを中心にしていました。どちらもそれなりに、半年ぐらいは続けたような気がします。プロテインも飲みました。今、振り返って思います。そりゃ、痩せるだろうと。(;・∀・)

 持久系のスポーツでも筋肉は鍛えられますが、速筋ではありません。あんまり大きくならない。しかも汗をかいて、なんだかシェイプアップなことになってしまいます。その上、飲んでいたのはソイプロテインでした。大豆系のプロテインは体を絞るときに飲むものだと、最近知りました。これでは太れない。

 大切なのは、速筋です。赤い筋肉を、超回復で大きくする。それが体重になっていくのです。ええ、買いましたとも。身体は資本ですし、高いけど、高いけど、投資はしなきゃ。ちゃんとホエイプロテインSAVAS の Weight up です。これも調べてみるとタンパク質の量が足りないとかいろいろ言われてるようですが、買ったもんはしょうがないもんねっ。

 

 

 今のところ、ちょいちょいサボってはいます。だけど、それなりに頑張ってはいるつもりです。さすがにベンチプレスは買えないし置けないので、腕立て、腹筋、背筋を中心に、ちょっと追い込んで負荷をかけています。あとは信じて、続けよう。つづけよう、ですね。

 痩せているのがいい、とはいえ、健康的なのが一番いいです。

 

 

m(_ _)m

 

広告を非表示にする