読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

休日なのに、今日は一体何をやっていたんだろう。。。

f:id:meta-kimura:20160718185900j:plain

 気がつけば、もう17時である。休日の時間というのは、不可解に速く過ぎる。ついさっき(昼寝から)起きてきたところだというのに。何もしないままに日が暮れてゆく。特に1人で過ごす休日は光速で過ぎる。今日は一体、何をしたんだっけな。

●◯。。。...

 たしか、朝はそれなりに早く起きていた。6時半過ぎにはのそのそと起きて、朝ごはんをつくり、7時半ごろには食べ終えていたようである。そのあと、朝ごはんの片付けをする。洗濯をしたのは、片づけた後だったか。洗濯機に洗濯物をどばどばどばっと入れて、ピッピッとボタンを押す。ただ、前に干してあった洗濯物がまだかかったままだから、この間に取り入れてたたまなければならない。のろのろとハンガーを手に取り、ひとつひとつをそれなりにたたんでいく。
 ふぅ。ひと息つく。今日は晴れているから、外に洗濯物を干せるなぁ、とか思って裏庭に出ると、木がやたらめったら上に伸びていた。なんかこのままだと危ないんじゃないかという話は前から聞いていて、ああ、これは何とかしておかないとなぁ、などと呟きつつ、高枝切り鋏を取ってきてしまった。こうなるともう、切るしかない。
 想像以上に高く伸びた木、それも、なぜかしらんがすんごいトゲトゲの木である。肌に触ると普通に血が出る。めっちゃ危ない。この木の処理を後回しにしてしまったことを後悔する。枝は高すぎるので、根本の方の太いところから切らねばならぬ。何度か高枝切り鋏で挑戦したが、掴んで引き下ろすことはできても、切ることはできなかった。握力も限界。引き下ろしたところで、棘があるから手で持つこともできない。鋏の口を開ければ元の位置に戻ってしまう。こうなりゃ、鋸だ。
 外に洗濯物を干すはずが、鋸まで出すハメになった。当然のごとく、もっと下から枝を切り出さなければならない。鋸で届く範囲は高枝切り鋏のそれよりも限られている。細い枝と棘で鬱蒼としたエリアを切り分け、枝の根元にたどり着く。鋸をひく度に木の粉が顔に降ってくる。なかなかにハードな剪定になってしまった。

●◯。。。...

 高枝切り鋏と鋸を片づけたら、もうヘトヘトだった。鋸を使っていた右腕は、棘と虫にやられてぼこぼこになっていた。洗濯物はまだ干していない。とりあえず干すところまではやろう。折りたたんでいた洗濯物干しを引き出し、洗濯機から洗濯物を取り出し、ハンガーを用意して、改めて裏庭に出る。うごきは緩慢である。
 やっとこさ終えて部屋に落ち着く。掃除もしようかと思っていたが、あきらめた。ここまでで11時にはなっていただろう。ニコニコ動画でアニメを眺めていたら、間もなく睡魔に襲われて、気がついたら間もなく14時である。お昼ごはんも作らなければならない。袋ラーメンで適当にすませる。頭を起こして、お腹を落ち着かせ、部屋が雑然としはじめていたので少し片付ける。洗濯と一緒に肌掛け布団も干していたことを思い出し、陽に当てるためにひっくり返す。
 さて、やっと何をしようかなと思える状態になってきた。手元には『銀河英雄伝説』の6巻が転がりこんでくる。だいぶ後半まで読んでいて、あとちょっと、という誘惑に勝てず、終わりまで読んでしまう。おもしろい。読み終えて、16時。月曜から始まる編集学校の物語講座の方向へと気が向かい、ちゃんと申し込めてるんだろうなぁ、と過去のメールを漁り、ホームページで情報をチェックして、としていたらいつの間にやら17時に近くなっていた。
 何かできているようで、何もできていないような、そんな感覚にとらわれた。

●◯。。。...

 今日のハイライトは明らかに「枝切り」だったなぁ、と思い返す。だが。それにしても、だ。家事とは大変なものだ。真面目に炊事洗濯掃除をしていると日が暮れてしまう、と心底思う。みんな、よくこんなことを毎日やっているもんだなぁ、とか、思ってしまう。

 

m(_ _)m

 

 

安心ひきこもりライフ

安心ひきこもりライフ