meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

ポークカレー【KARLY】

https://www.instagram.com/p/BO95qK1gLTb/

 

 なんだか最近、だいたいが寝る、食う、温泉行く、になっているような気がしてきたので、これは記録をとった方がいいんじゃないかと思い始めた。思い始めたのは、1ヶ月以上前だから、これはつまり怠惰である。まだ1つも記録らしい記録を書いていない。
 というわけで、今回はそんな試みの試みであり、わりと普通のブログっぽいブログである。前から気になっていたカレー屋さんに行ってきた。

●◯。。。...

 松江にはカラコロ工房というイベント広場があって、なにかやるときは大抵「じゃ、カラコロで」となる雰囲気がある。となると、自然、お昼ご飯はその周辺で食べることになるわけで、「そんじゃあ、ご飯でも行きますかー」と南殿町の路地に出ると、カレーのおいしそうな匂いがふんわり漂ってくる。「お、そういえばカレー屋さんがあったんだよなぁ」と毎回ちら見する。だけれどこれが、毎回の行列なのだ。2・3人が外で待っていて、美味しさを訴えかけてくるんだが、如何せん、そういうときには時間がない。また今度となって、いつかまたとなって、今になった。
 だから、今回は夜だった。「夜なら開いてるやろ」という思いつきが功を奏した。故に念願のKARLYだったかもしれない。

karlykarly.com

 店内は町家をリノベーションしたような雰囲気で、奥に向かって細長い。突き当りに2人がけのテーブル席が3つあって、その真中に通された。左側には30代半ばから後半に思える男女、右側には20代前半かそれより若い男女が座っている。なんだかそわそわしなくもない。

 とりあえずポークカレーを注文する。辛さが選べるってことだったので、わけも分からず2辛にしてみた。せっかくカレー屋さんに来たのだから、ちょっとは辛いカレーに挑戦したくなるものなのだ。辛いのには、そんなに強くないけど。
 そうこうしているうちに、右隣の若い男女にカレーが運ばれてきた。大きなお皿に、小さめのお椀をひっくり返したようなご飯の丘がポコリと出ている。こりゃあ、ちょっと量が少ないか、と心配になったのだが、それよりも、運ばれてきたカレーを無視してスマホのゲームを続ける若い男性がやたらに気になってしまった。女性の方はそれを注意するでもなく、何やら話しながら食べている。1分、3分、5分。まだ食べない。あったかい内に食べればいいのに、とお節介な感情が出てきたものの、そんなことを言う気は全くないし、相手にも聞く耳はないだろう。というか、あの男女はどういう関係なのか。兄妹のようで似ていなくて、カップルのようで仲良く見えない。未だにわからないのである。

 ポークカレーが運ばれてきた。たぶん、めっちゃ煮込んだんだろうなぁ、ってお肉がとろけて非常においしい。そして、辛い。2辛でもすんごい辛くて、汗っかきにはつらい。何度も額にティッシュをあてながらおいし辛いカレーを楽しむ。気にかかっていたご飯の量も全然問題なかった。ペターっとお皿に押しつけられた感じで、それなりの量が盛られている。右の男性もやっとこさ食べはじめたようだ。左の男女は既に食べ終わっていそうな雰囲気。女性の職場の若い子がスマスマの最終回の翌日に休んだとか、そういう話をしている。目が腫れて出られないくらい泣いたとかで、そんなわけないだろーと思ったらほんとにめっちゃ腫れてて笑った的な話が聞こえてきた。
 かっらいカレーと戦い、気がつけば満腹である。いやぁ、満足。会計を終えて店を出ると、汗をかいた身体に冬の冷たい空気がしみわたった。次も夜、そんでもって、もう一回ポークカレーだな、と思った。

 

m(_ _)m

 

 

 

ぎおんご ぎたいご じしょ  新装版

ぎおんご ぎたいご じしょ 新装版

 

 

広告を非表示にする