読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

『おせっかい教育論』まぁ、ぼく、おっせかいなおばちゃん苦手やけどね。

f:id:meta-kimura:20170314174858j:plain

 久しぶりに内田樹さんの本を読みたいと思って手に取り、スグにその内田ワールドな論理展開にスッとした気分が少し。読み進めていくにつれて明らかになってきたのは、自分が内田樹的な世界から離れてきたのだということだった。

●◯。。。...

 内田樹さんの言葉は、シンプルかつ明快で、心強くパワフルである。世間で一般的と思われていることをバサッと切り倒す痛快さは、一時ぼくの頭を魅了した。そこには反撃できないような鮮やかさと、未知への尊敬の念がある。自分のテリトリーにあってはこうだといい切り、未知の領域にはむやみに踏み込まないし、切り裂かない。特にNPO時代、障がい福祉サービス時代には何度も読み、真似をした覚えがある。
 その慣れ親しんだ内田樹さんの言葉に、ひっかかりが出てくるとは思わなかった。つまりは自分の立ち位置が変わったということで、つまりは体制側にいるということなのだろう。ちょいと哀しい事実である。

●◯。。。...

 教育をビジネスにしてはならない。経済原理で考えてはならない。今のところ教育で何とか生計を成り立たせている自分には、こういう主張が痛く刺さった。そして、目の前で起きていることとと比較対照した後に、いやいやいやいやさすがにもうちょいビジネスにしてよ、という反論が喉の奥からあがってきた。
 何も、教育をそっくりそのままビジネスにしようとしているわけではない。何も、教員をがんじがらめに縛り付けて平準化させようとしているわけでもない。教育現場とか大学とかに変なおっさんがいることも大事だという意見にも、大賛成だ。だが、そこで起きている悲劇を放っておくわけにもいかんのじゃないか、とは思うのだ。
 諸々の現実を書くことは控えるが、まぁ、驚き呆れる事態はある。それに慣れきっているようなふるまいにもまた驚く。非常に難しいバランスなのも重々承知しているつもりではある。けども、限度も限界も、いつかは見えてくる。

●◯。。。...

 現場の現場もあれば、制度の現場もあるから、ことは厄介である。その点を、大阪市の平松市長が少しだけ埋めてくれる。「立場上言わなければならないことがある」をよく知ってしまった、というのも、ぼくの成長なのだろうか。

 にしても、なにはなくとも、ぼくはおせっかいな関西風おばちゃんが、苦手なのだ。

 

m(_ _)m

 

 

おせっかい教育論

おせっかい教育論