meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

ドラえもんは死んだ。


 ドラえもんに代表されるような、

 夢のある(というか、もはや妄想っぽい)未来を描いた
 漫画ってのが、最近ないような気がしている。

 鉄腕アトムとか、ガンダムとか、
 そーいうロボットものも、しかり。


 「 こんなこといいな♪ できたらいいな♪ 」
 って、ドラえもんのオープニングみたいな思考を
 しなくなってきてるんじゃないか、と思っている。

 技術発展に、過度な夢をみなくなった。 のではないか。

 そして、みんな未来の話をしなくなった。





 高度経済成長によって、戦後の日本社会は周りのものがどんどん
 新しく、どんどんキレイで、どんどん便利になっていった。
 そんな時代には、みんなが未来に夢を見たし、もっと言えば
 欲を持って臨んでいたように思う。
 ( 発展と衰退に関しては、前にも書いた )

 ただ、バブルから20年。

 もう、モノが発展する時代ではなくなってきている。


 モノが飽和し、欲がなくなったから発展しなくなったのか、
 モノが発展しなくなったから、欲がなくなったのか、
 どちらの順番なのかはわかんけど。

 私は、
 タケコプターや、スモールライトを作ろうって人を知らない。
 理系の友達が少ないだけかもしれないが、


 おそらく、 ドラえもんは死んだのではなかろうか。


 もはや、物質的に明るくて、豊かで、楽しい世の中を期待できないでいる。

 とはいえ、新しい未来ビジョンがあるわけでもなく、
 迷走を続けているように見える。 社会も、私自身も。



広告を非表示にする