meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

間違い発注、承ります。


 書きたい記事はたくさんあれど、どうにも私は一番気にかかっている
 ことばかりを優先させてしまうらしい。そのお陰で火にかけた薬缶を
 忘れ、せっかく淹れたお茶が冷め(笑)うまいこと治らんもんかな、
 と思えど、あまり治す気もないから困ったものである。

 さて、そんな私の今一番の関心ごと、「 間違い発注コミュニティ 」
 をそろそろ立ち上げたいな、と思う。唐突に。薮から棒に。

 まず、間違い発注とは何か、というところから説明せねばなるまい。

 間違い発注とは、「 これあいつに頼んだけど、しまった、あいつ
 こんなことやったことないんじゃなかったっけ? 」っていう仕事
 の依頼のことである。由来を辿れば、「 自分の仕事を考える三日間 」
 の最終日、最終ゲストの伊藤ガビン氏。彼は間違い発注が大好物だと
 いう変わり者だった。

 「 DVDつくって、って頼まれたけど、
   そういや、俺、DVDつくったことなかったw 」

 こういう出す方は間違えて、受ける方は安請け合い、を繰り返して
 来たという。 そりゃあ、自分の幅も広がるわけだ。



 ほんで、この間違い発注ってのがうらやましかったので、このたび
 間違い発注コミュニティをつくってみようと思い立ちましたw

 何をするかというと、

 1、個人が個人に間違い発注をします。( そのまんまですw )

 2、発注を受けるか受けないかは、受注側の意志が尊重されます。

 3、納期が厳しかったり、じゅーだい責任な仕事は避けましょう。
   ゆるゆるとした受発注を。

 4、お金のやりとりとかは、受発注の当事者同士でどうぞ。
   ( あっても、少額になるとは思うけど )

 5、どんな発注が誰から誰へ行き、どんな成果が出たかは、
   ある程度コミュニティ内で共有されます。

 6、受注する人の方向性や、性格、仕事を見て、おもしろそうな
   発注をこころがけましょう。

 7、ケンカはよくない。

【 AからDへ発注。 BとCは成り行きを見守れる 】

 twitterを使って、というアイデアもいただいていたのですが、
 とりあえずはメーリングリストをつくって始動させてみようと
 思います。想定できる仕事としては、イベントゲスト、鍋会
 料理人、イベント企画、ブログ記事作成、部屋に飾る絵とか。
 あと、ファシリテーターとか?合コン企画とかもいいかもねw

 意外に探せばいろいろあるんじゃないかな、と踏んでいます。



 と、ここまでで止めてしまうと、「 またkimuraは遊んで
 ばっかりで~ 」と言われそうなので、ここで止めておきますw

 簡単に言っておくと、

 「 個人が個人に発注する習慣がもっと出てきてもいい 」

 ってことです。


 これを上の方だけじゃなくて、下の方でもまわしてみよう、
 ということであったりもします。敢えて言ってしまえば、
 「 間違い 」ってのは、ちょっとしたスパイスですw


 さて、 あ そ ぼ う じ ゃ な い か w



 間違い発注コミュニティに参加したい!って方は、kimura
 までご連絡を。とりあえず、スズハシの大橋さんは必須参加
 で入れておきますので~(笑)



広告を非表示にする