meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

流し、流され、新年を迎える。【2017年】

f:id:meta-kimura:20170101173524j:plain

 新年、あけましておめでとうございます。今までは帰省するとネットのつながらない生活だったのですが、今年から無事、ネット環境が確保されました。au回線からdocomo回線に乗り換えたお陰です。まだ使えるiphone6を諦めて、新しい機種を買った甲斐がありました。速くはないけど、つながるだけでありがたし。いい時代になったもんです(←すんごい時代遅れなこと書いてますがw)。
 さて、2017年です。ニューイヤー駅伝では旭化成が18年ぶりだかの優勝を勝ち取りました。年末から番組宣伝がやたらに多いようなテレビをわんさか浴びて、寝正月へと突入しております。食べて、寝て、テレビ見て、食べて、寝る。なんか理想的な生活リズムのような、そうでないような状態になりました。年末年始の予定がこんなに少ないのも、久しぶりかもしれません。休みあけのリハビリには苦労しそうです。(;・∀・)

●◯。。。...

 それにしても。「やらなければならないこと」があるときに限って、こういう怠けが活躍するのはなぜなのでしょうか。本当なら寝正月なんて呑気なことを言ってられる場合じゃなく、こんな駄文をカタカタ打ってる暇があるなら資料を読み込まなければ、って状況なのでした。もういくつ寝ると、最後のお題の締め切りです(笑)。この秋からはじまっていた物語講座のラスボス、1万2千字が待っています。あれ、なんかこの文章を打っている手に冷や汗が滲んできました。いやぁ、まぁ、焦ってどうにかなるものでもないとか、うん、はい、言い訳ですけどね。はい、手を動かします。
 ちなみに、ラスボスは歴史小説もの?です。ここ1ヶ月程度で、わたしの中の司馬遼太郎への尊敬の念は、まさしくうなぎのぼりです。過去の人物を追いかけること、その世界観を手に入れることが、こんなにも大変だったのかと、今更ながらに痛感しています。
 あのとき、あの場所で、誰と誰がどう関係して、どんな物語が紡がれていったのか、なんてことを見つけ出すのは至難です。どれだけ資料をあさっても、出てこないものは出てこない。出てきたとしても、英語だったり、フランス語とか、中国語とかだったりするんですから、素人にとってはないも同じです。では、狙っているものから範囲を広げて資料を集めようとすると、今度は大量のデータがヒットしてしまう。それも、おおよそが「使えないデータ」です。Google先生がこんなに非力になることもあるのかと、思い知りました。掘り出されていない情報は、まだまだまだまだ眠っているものなのでしょう。
 ただ、こうやって巨大な未知を相手にもがいていると、たまに掘り出し物を見つけられたりもします。おお、ここはこうなっていたのか!?という発見です。お題がなければ、このような見方もできなかったし、こんな探検を味わうこともなかった。興味があるかないかなんて、意外と大したもんじゃない。それよりも「◯◯について調べる」機会をつくれるかどうかなのだろうな、と感じます。今回みたいに物語を書くとなると、漫然と読むだけでは全く足らない。丁寧に集めるし、詳細に読む。そして、その方が断然おもしろくて楽しいものなのです。体力はいるけど。

●◯。。。...

 自発性とか、内発力とか、モチベーションとか、夢とか、希望とか。こうなってくると、やたらに人の内部に答えがあるとされがちな世の中には、やっぱりジャブぐらいは打っておきたくなってしまいます。それらを否定はしないけど、けどけどけど。目の前に差し出されたものに反応すること、対処すること、そうやって過ごしていくことの大切さも噛んでいかないと、旨味は出てこないのではないでしょうか。他発性も、外発力も、持っておけばいいじゃない。

 そんなこんなで、謹賀新年。今年も読んだり、撮ったり、書いたりを繰り返していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

m(_ _)m

 

 

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

ひとりでは生きられないのも芸のうち (文春文庫)

 

 

ぼくらの夜空のムコウ。

f:id:meta-kimura:20161015185458j:plain

 年末。帰省の途中に名古屋に寄って、もちさん夫妻の家に厄介になった(もち夫妻、ありがとう!)。ささやかに飲み会みたいなものを企画して、7人ぐらいがこたつを囲んで、鍋とか干物とかスイーツをつついて楽しんだ。この秋に引っ越したというもち夫妻の家はすごく広くて、みんなで実家みたいな雰囲気だと話す。築年数は40年ぐらいらしい。
 「一緒に住んでたのが6年ぐらい前やね」という言葉に不意をつかれた。なんと、もうそんなに経つのか。もちさんと一緒に、金山でルームシェアをしはじめた頃。あの頃は、まだ名古屋にシェアハウスが少なくて、東京でちょっとずつ「シェアだよね」的な雰囲気ができはじめていて、ふとしたきっかけと勢いと、もちさんの類まれなる行動力で、あれよあれよという間に3LDKに転がり込むことになったのだった。

●◯。。。...

 SMAP騒動もあって「夜空のムコウ」を聴きたくなった。「あの頃の未来に、僕らは立っているのかな」という歌詞が、皮肉であったし、キーンと響いてきた。あの頃って、どんな未来を描いていたのだろうか。いや、そんな未来なんて描いてもなかったし、そもそもぼくに未来があるなんて思えなかったような気がする。
 名古屋にいたころに「やったこと」はそれなりにある。勉強会だとか、ボランティアにはじまり、NPOに流れ着いてイベントをやり、ソーシャルファイナンスを学ぼうとして、マイプロをし、地域に通った。その動きは、人から見れば「活動的」と言われるぐらいのものだったと思う。だけど、ぼくにとってそれは「あがき」みたいなもので、大きな流れにどうやったら棹をさせるか、ちょっとぐらい流れを変えられるか、届かない声が少しは耳に入るか、というような試みでしかなかった。当時から、そんなに変革させられるとは考えていなかったし、「社会を変える」なんて強い意志は持っていなかったのだ。
 だから、明るい未来があるなんて到底思えていなかったのかもと、思う。国は財政破綻寸前だった。地域は衰退の片道切符をギュッと握りしめているように見えた。その下り坂で、どのくらい楽しく転がっていけるか、が問題だった。今はあっても、未来は見えなかった。見えなかったから、ただ単に、もう少し生きて知りたいと思った。20年後、この「あがき」がどうなっているのか。その結果に興味を持つという、ひねくれた恰好で、その日その日を過ごしていたのだった。ある意味で、どういう未来でもいいやと、そういう覚悟だけはしていたのだ。

●◯。。。...

 そうやって、目の前に出てきたことを処理していたら6年が経っていた。年始にはSMAPが解散するとかいうニュースが流れ、微妙で、後味の悪い雰囲気を残して、この年末にSMAPは解散するらしい。ぼくは引っ越して、ひとまず丁寧な日常のペースを得たように思う。もちさんも郊外に引っ越して、広い庭を耕しはじめている。オバマが任期を迎え、トランプが次期大統領に選ばれた。イギリスはEUを脱退すると決めたまま、ちょっとうじうじしているようだ。電通は来年度から鬼十則を社員手帳に載せないと決めた。マイナス金利が導入された。
 どうやら、世の中は大きく動いている。ルームシェアをはじめたときに考えていたような、財政破綻は起こっていない。寄付が一般的にもなっていない。若者の投票率が上がったというニュースも聞かない。手渡されるお金が、どういう意味を持つものなのかもわかっておらず、東日本大震災の衝撃はライフスタイルの転換にまで届かなかった気配をみせている。アベノミクスで延命された経済は、東京オリンピックに向けて加速するのだろう。年金なんぞ貰えないと、もう何年も前から知っていて、それでも受給が70歳以上になるかもという記事に、なんだか動揺してしまう自分もいる。何が虚偽で、何が本当のことかわからなくなる。つまりは自給自足かとか、言いたくもなってしまう。

 そして、夜空のムコウには、もう明日が待っているらしい。日々はただ巡るのだ。未来は見えていない。ぼくはあらん限りの力でもって、自分の良心を守らなくてはならなくなるだろう。そんな予感は持っている。そんでもって、言葉の端々から落ちこぼれていくコレを掴まえようとする「あがき」は、ずっと続けていくのだろう。

 

m(_ _)m

 

 

夜空ノムコウ

夜空ノムコウ

 

 

この秋から冬にかけて撮った紅葉の写真をあげておこうと思った。

f:id:meta-kimura:20161120101922j:plain

 いくら何でも更新してなさ過ぎである。なんだかんだとやることがあったり、イベントの運営とかが終わって遊びまくってたり、単に寒くて冬眠したかったり、編集学校の物語講座で課題に追われてたり、そんなこんなあろうけども、だ。流石にブログをほっとき過ぎた。書き方を忘れてしまいそうなぐらいだ。
 なので、紅葉の写真でも貼ってお茶を濁そうという魂胆である。( ̄ー ̄)
 12月も半ばで、朝、玄関から出たら車の上に雪が積もっていたような、そんな季節に遅ればせではあるが、ちょいちょい撮ってた紅葉を虫干ししておこう。

f:id:meta-kimura:20161120102855j:plain

f:id:meta-kimura:20161120102256j:plain

 島根の冬は雨が多い。特に今年は多いような気がする。秋から冬にかけての休日はほとんど雨だったような気がする。ざっと降って、気まぐれに晴れる。晴れ間は貴重で、だから気持ちがいい。紅葉狩りのタイミングも、結構難しかった。

f:id:meta-kimura:20161120102939j:plain

f:id:meta-kimura:20161120104531j:plain

 島根の清水寺に行ったのも勢いだった。午後からの予定を気にしながら、駆け足気味でまわる。それでも三重塔にまで登れて大満足であった。古い造りの三重塔は、階段がめっちゃくちゃ急で、狭くって、それだけでも立派なエンターテイメントだと思った。

 

f:id:meta-kimura:20161120111138j:plain

f:id:meta-kimura:20161120111650j:plain

 葉っぱもいろいろな色があってキレイである。紅葉の最盛期には、ちょっと早かったのかもしれないが、それはそれでよかった。


 そして、お次は鰐淵寺の写真。このときには紅葉も終わりかけだった。ちょっと残念。

f:id:meta-kimura:20161203114809j:plain

f:id:meta-kimura:20161203120909j:plain

 ただ、この日はすんばらしく晴れ渡っていた。山頂に残っている紅葉は、散り際でも美しかった。足元の落葉は、雨でぐしゅぐしゅになっていたけど。(;・∀・)

f:id:meta-kimura:20161203121030j:plain

f:id:meta-kimura:20161203121220j:plain

 出雲大社まで行く人は多くても、出雲大社の裏っかわまで行く人はそう多くない。だけど、そういうところに残っているものがあったりするのだろうと思う。日本海の海岸沿いから車で5分ほど登った所に、こんな景色があったのだった。

 

 

m(_ _)m

 

 

使ってたカメラとレンズはこちら。(すっかりNikon党員)

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

 

 

  

 

経済を否定しないこと。【BOOK在月 一箱古本市】

f:id:meta-kimura:20161022135019j:plain

 個人的に怒涛の10月が過ぎて、気がつけば11月になっていました。その間にひとつ歳もとってしまい、アラサーも第四コーナーをまわってきた感じです。こんな年齢になるとは思っていなくて、それでも生きていればこうなっちゃうってわけで、如何ともしがたい微妙な心持ちです。はふぅ。
 さて、そんな10月のメインイベントといえば、BOOK在月の本編、一箱古本市でございました。運営として関わるのは2年目です。まぁ、よくこんなわちゃわちゃとした中で、何の整備もせずにやっとるなぁ、という印象が強くあるわけですが、えーっと、しかしながら、自分で言うのも恐縮ながら、いいイベントだったなぁ、などと顧みたりもしています。出店者の協力もたくさんいただいて、あたたかい雰囲気のある場になったかと思います。

●◯。。。...

 改めて考えてみると、あの一箱古本市という仕組みは、なるほど、よくできたものでして、あれはいわばゲレンデなのです(すんません、この喩えは『ツインコンビネーション』読んでないとわからない)。えーっと、つまりは、会社ゲーム的なのであって、キッザニアみたいなものです。ちょっとした市を立てて、それぞれが古本屋さんごっこをする。フリーマケットと言うには、儲け感も商売感もないし、そもそも扱う商品は「古本」オンリーなので、ある意味かなり偏った人たちが集まる場になります。その趣味と商いのバランスが絶妙で、本を売るという動機づけが、うまーく趣味の話をするというコミュニケーションへと導いていくようないかないような。そんな感触がありました。
 趣味ばかりでは交われない。あくまでお金の、それも現金のやり取りがある。だから出ている本を真剣に見つめるし、出店してる側はその目を受け止めなきゃならない。そこに、自分の好みやこだわりも入ってきます。自分の好きな本が売れずに残ることもある。いわゆる売れる本ばかりが売れてしまうこともある。はー、世の中って難しいなぁ、なんて気持ちにもなって、でも、次はどういう戦略でいこうかなんて考えたりしてしまう。それはやっぱり楽しいことであって、「経済」ってのはそういうもんだったのではないかなぁ、と思ってもしまうのです。
 ちなみに、古本屋ごっことはいえ、売れる人は売れます。え、そんなに売れたの?ってぐらいの売上になることも。一冊100円とかで売ってたら、まぁ、届かない境地があります。そこに至るには、どうすればいいか。考えてみるのもおもしろいものです。

●◯。。。...

 資本主義ってのは、だいぶと嫌われ者になっちゃったのですけども、多分、本来は嫌われるべきものでもなかったのだと思います。お金には扱い方があるし、捉え方がある。あんまり忌み嫌うものとして遠ざけるんじゃなくて、うまく付き合うための、その姿勢を身につける方向に向かってゆくといいのではないかなぁ、てなことを少し感じた次第でした。

 それにしても、みんなが出してくる一箱の世界は楽しいですな。


m(_ _)m

 

 

一箱古本市の歩きかた (光文社新書)

一箱古本市の歩きかた (光文社新書)

 

 

休日なのに、今日は一体何をやっていたんだろう。。。

f:id:meta-kimura:20160718185900j:plain

 気がつけば、もう17時である。休日の時間というのは、不可解に速く過ぎる。ついさっき(昼寝から)起きてきたところだというのに。何もしないままに日が暮れてゆく。特に1人で過ごす休日は光速で過ぎる。今日は一体、何をしたんだっけな。

●◯。。。...

 たしか、朝はそれなりに早く起きていた。6時半過ぎにはのそのそと起きて、朝ごはんをつくり、7時半ごろには食べ終えていたようである。そのあと、朝ごはんの片付けをする。洗濯をしたのは、片づけた後だったか。洗濯機に洗濯物をどばどばどばっと入れて、ピッピッとボタンを押す。ただ、前に干してあった洗濯物がまだかかったままだから、この間に取り入れてたたまなければならない。のろのろとハンガーを手に取り、ひとつひとつをそれなりにたたんでいく。
 ふぅ。ひと息つく。今日は晴れているから、外に洗濯物を干せるなぁ、とか思って裏庭に出ると、木がやたらめったら上に伸びていた。なんかこのままだと危ないんじゃないかという話は前から聞いていて、ああ、これは何とかしておかないとなぁ、などと呟きつつ、高枝切り鋏を取ってきてしまった。こうなるともう、切るしかない。
 想像以上に高く伸びた木、それも、なぜかしらんがすんごいトゲトゲの木である。肌に触ると普通に血が出る。めっちゃ危ない。この木の処理を後回しにしてしまったことを後悔する。枝は高すぎるので、根本の方の太いところから切らねばならぬ。何度か高枝切り鋏で挑戦したが、掴んで引き下ろすことはできても、切ることはできなかった。握力も限界。引き下ろしたところで、棘があるから手で持つこともできない。鋏の口を開ければ元の位置に戻ってしまう。こうなりゃ、鋸だ。
 外に洗濯物を干すはずが、鋸まで出すハメになった。当然のごとく、もっと下から枝を切り出さなければならない。鋸で届く範囲は高枝切り鋏のそれよりも限られている。細い枝と棘で鬱蒼としたエリアを切り分け、枝の根元にたどり着く。鋸をひく度に木の粉が顔に降ってくる。なかなかにハードな剪定になってしまった。

●◯。。。...

 高枝切り鋏と鋸を片づけたら、もうヘトヘトだった。鋸を使っていた右腕は、棘と虫にやられてぼこぼこになっていた。洗濯物はまだ干していない。とりあえず干すところまではやろう。折りたたんでいた洗濯物干しを引き出し、洗濯機から洗濯物を取り出し、ハンガーを用意して、改めて裏庭に出る。うごきは緩慢である。
 やっとこさ終えて部屋に落ち着く。掃除もしようかと思っていたが、あきらめた。ここまでで11時にはなっていただろう。ニコニコ動画でアニメを眺めていたら、間もなく睡魔に襲われて、気がついたら間もなく14時である。お昼ごはんも作らなければならない。袋ラーメンで適当にすませる。頭を起こして、お腹を落ち着かせ、部屋が雑然としはじめていたので少し片付ける。洗濯と一緒に肌掛け布団も干していたことを思い出し、陽に当てるためにひっくり返す。
 さて、やっと何をしようかなと思える状態になってきた。手元には『銀河英雄伝説』の6巻が転がりこんでくる。だいぶ後半まで読んでいて、あとちょっと、という誘惑に勝てず、終わりまで読んでしまう。おもしろい。読み終えて、16時。月曜から始まる編集学校の物語講座の方向へと気が向かい、ちゃんと申し込めてるんだろうなぁ、と過去のメールを漁り、ホームページで情報をチェックして、としていたらいつの間にやら17時に近くなっていた。
 何かできているようで、何もできていないような、そんな感覚にとらわれた。

●◯。。。...

 今日のハイライトは明らかに「枝切り」だったなぁ、と思い返す。だが。それにしても、だ。家事とは大変なものだ。真面目に炊事洗濯掃除をしていると日が暮れてしまう、と心底思う。みんな、よくこんなことを毎日やっているもんだなぁ、とか、思ってしまう。

 

m(_ _)m

 

 

安心ひきこもりライフ

安心ひきこもりライフ