meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

雪だから、雪景色を撮ったったヽ(´ー`)ノ

 朝起きたら、雪景色だった。年に1回ぐらい名古屋は雪国になる。たまに見る雪にはテンションが上がる。
 ここぞとばかりにK−5(防塵防滴仕様!)を持ち出して、出勤準備。スタンバイOK!とばかりにアパ
 ートの玄関を開けたら、予想以上の吹雪に驚いた。っていうか、ちょっとひいた(笑)

 ギュッ、ギュッ、という新雪の感触が伝わってくる。既に踏まれてたところに、次から次へと雪が降り積
 もっている。何を撮っても新鮮だから、無駄にシャッターを切る。寒いし、寒いのは嫌いだけど、こうい
 うときにはやたらに体が動くもんだ。信号待ちにもイライラしない。むしろ待ってる間がシャッターチャ
 ンスである。

 駅に着いたら、意外にも電車は遅れてなさそうだった。逆方向は1時間前の電車が来てなさそうだったけ
 ど、こっちは3分遅れぐらい?これなら事務所に連絡入れなくてもいーだろう。悠々と乗車したら、そこ
 で電車が停まった(笑)いつもは2〜3分の乗車が25分ぐらいになる。まぁ、そういうこともあるわ、
 と流してしまえるのも雪のせい。これが1時間超えてたら怒ってただろうけどな。




 午後になって溶けていく雪を眺めながら、勿体無いなぁ、と思う。残念がる。ふと、なんで残念がるんだ
 ろう?と疑問になる。心ゆくまで堪能してないからだろうか?雪合戦したり、雪だるまつくったりしてな
 いからだろうか?なんなんだろうなぁ、と感じながら、それでもやっぱり消えてゆくものは美しいんだろ
 うなぁ、と考える。たまに降る雪、たまに積もる雪は、盛大に景色を変えるけども、やっぱりスグに消え
 てなくなって、日常にもどっていくもので、そういう切なさがみたいなものが、弱さであったり、フラジ
 ャイルな感覚を生むんだろうなぁ、と思う。積もったけど、そのうち溶けちゃう。そういう微妙さが好き
 だし、たぶん、とっても大切ななんだろーな。えっらい漠然とした話だけども。

 『フラジャイル』を見返してみようかなぁ、と思ったり。こういう機会に見返すのもまた一興でしょ。


 m(_ _)m

 

広告を非表示にする