meta.kimura

感情の率直と、思索の明澄と、語と文との簡潔とです。

『ハーメルンの死の舞踏』お金が巡り、ねずみがはびこる。

f:id:meta-kimura:20170119151116j:plain

 晴れた休日で、時間があるならば、カフェに行きたくなる。特に冬は日照時間が短いから、日差しはとても貴重なのだ。家でぐっと休みたいなという気分でも、家でえいやっと作業を仕上げたい日でも、ちょいと外に出よう、ちょいとカフェにでも立ち寄って、ゆったりしてみよう、とか考え出してしまう。

 そして、どうせ行くならばいいカフェに行きたくなるのが自然の摂理というものなのだ。宍道湖があって、珈琲館はそのほとりにある。休日は人気過ぎて入れないようなこの店も、たまにくる平日休みならば悠々と座ることができる。何か、本を持っていこう。そうだ、2ヶ月も前に買っていたのに、まだ読んでいなかったエンデの戯曲を持っていこう。

●◯。。。...

 ミヒャエル・エンデといえば『モモ』や『果てしない物語』のことを思い出す。『果てしない物語』の方は、ネバーエンディング・ストーリーという映画にもなった。ドイツの作家で、ファンタジーや児童文学といったジャンルで活躍した人だ。でもって、『モモ』は東海地方にあるNPOバンク、コミュニティ・ユース・バンクmomoの団体名の由来である。2009年頃、お金のことについて疑問がたくさん浮かんだぼくが、ボランティアをしていた団体だったりもして、エンデにはそこで出会った。
 エンデはファンタジーでお金なのだ。世の中を流れるお金について、素直に、シンプルに、良心を持って、深く考えた人なのだ。「エンデの遺言」と検索すると、今でも出てくるyoutubeの動画があるから、気になる人は見てみるといいと思う。地域通貨が流行るきっかけをつくった番組だが、それを抜きにしても、金融に対する素朴な指摘にドキッとすることもあるだろう。

●◯。。。...

 お金の全てが醜いわけでもないし、富を否定してばかりでは世の中ままならない。それでもやはり、醜い側面はあるのだろうし、距離を置かなければ欲に飲み込まれてしまうような、そんな気配を漂わせている。ハーメルンの笛吹き男を下敷きに、ここまで書くかというぐらいの、醜さ、汚さ、おぞましさ。お金に対する激しい描写が、いっそ快かった。マザー2をやったことがある人なら、きっと、マニマニの悪魔を思い出すだろう。
 なんかゲトゲトしてる黄金色の偶像から、生み出されていく金貨たち。そんなお金のイメージは、たしかにぼくが子供の頃に持っていたもので、今もかすかにまとわりついている。それは、もしかしたら、お金が根本的に持っている性質なのかもしれない。
 それを知りつつ、黒い影を感じ取っていながら、それでももう、まわし続けるしかないのだという、大人の言葉が哀しかった。これは警鐘なのだ。穏やかな午後のカフェにも、お金は流れている。

 

m(_ _)m

 

 

ハーメルンの死の舞踏

ハーメルンの死の舞踏

 

 

排他主義なんて、大嫌い!という言葉を見かけて。

f:id:meta-kimura:20170219170310j:plain


 「排他主義なんて、大嫌い!」というようなコメントを見かけた。もう随分前のことで、確かトランプ大統領が就任して、少ししたぐらいのことだったと思う。メキシコとの国境に壁をつくるだとか、一部の国の人たちを入国禁止にするだとか、そんな話がわいてきた頃だ。世の中、ギスギスしてきたもんだなぁ、と眺めていた。
 そのコメントをした方が何をどう考えて、感じているかはわからないけども、SNSにそう書き込むときに、躊躇なり、逡巡なり、ちょっとした戸惑いなり、何かしらのひっかかりがなかっとだろうかと、考えてしまう。言動に含まれている矛盾には気づいているだろうか。その振る舞いに自覚はあるだろうか。
 その言葉が排他主義者を排他してしまう可能性に、目は向けられているだろうか。直情的に書いてしまったとして、そのあとの冷静は取り戻していて欲しい。勝手ながら、そう思う。

●◯。。。...

 自身も政治の当事者でありながら、それを棚に上げてしまって言えば、あっちもこっちもまるで同じに見えることがある。何かを主張する人たちがいて、それに反する人たちがいて、どっちもやんややんやと言い合っている。もちろん、体制側の方が権力を持っている分だけ有利にゲームを進められて、それも含めて反体制側の人たちが悲痛な叫びをあげる。それはそれで必要なことである。誰も声を上げないってのは、よろしくない。
 ただ、ぐいっと引いて見てしまいがちなぼくには、「どっちもどっち」と言いたくなることがあるのだ。主張と主張がぶつかり合う。その叫び方には、どこか似た雰囲気がある。どちらにも、危険の匂いがつきまとう。
 プラカードを上げ、叫び、アジテーションする。非難が非難をよぶSNSコミュニティがあり、そんなスタイルとは一定の距離を置きたいと願う自分がいる。ぼくは、そのスタンスこそが、雰囲気をつくり、ムードを高め、ある種の方向性へと人を導いていくのではないかと、疑っているのだ。主張の内容などお構いなしに、その姿勢、方法、態度自身がメッセージを伝えていく。ゆっくりと、着実に。

●◯。。。...

 メディアはメッセージだし、人は見た目が9割とも言われている。どんな正義を突きつけたところで、突きつけたならそれはナイフと変わらない。船頭をする人であれば、そのことには気をつかっておいて欲しい。
 そして、ある一定数の、お茶を飲んでふいーっとしている人たちが必要なのだ。ばかなクマちんを、ばかだなぁ、と眺めて愛しむ心があれば、大丈夫。くまのプーさんや、差し込む夕日を、信じていたいものだと思う。

 

m(_ _)m

 

 

ウィニー・ザ・プー (新潮文庫)

ウィニー・ザ・プー (新潮文庫)

 

 

トムヤンクンのスープ【カフェモルフォ】

https://www.instagram.com/p/BQKtbLWgs7p/

 

 久しぶりにトムヤンクン的なものを食べた。スープは「食べるスープ」と銘打っているだけあって、具沢山で満足感が高い。外にはたくさん雪が積もっているけど、カフェの中は明るく、あったかかった。田和山の今井書店に行くついでに、近くにあるからと入っただけだったけど、まずまずいいお店に入れた気がした。
 食べるスープにパンをつければ1000円弱ぐらいだった気がする。松江近辺だと、ちょっと高い感じの価格帯で、入るときには一瞬躊躇した。でも、寒いし、まだ積もった雪も溶け切ってないし、他を探すのも面倒なので、えいやっと飛び込んだのだった。

 

 

 トムヤンクンのスープをすする。マイルドって書いてあったけど、まぁまぁ辛くて、おいしい。具がごろんごろんとしてるのもいい。隣のテーブルでは、初デートかと思われる若い男女が向かい合っている。男性はベージュのコートで女性は真紅のセーター。男性がバイトの経験らしきことを語り、女性がすごいですね!とか、へー、とか、うらやましいー、とか、そんな相槌を入れていた。残念ながら、会話はそのパターン一色に染められていて、ぎこちなさが拭えない。ちょいちょい途切れる。多分、彼の粘りは実を結ばないのだろうなと思う。さらに奥のテーブルでは、禿げたおっさんとジャージ姿のおっさんがスマホでのゲーム開発について話していた。アンドロイドが!ゲームが!と断片的に聞こえてくる。異色のコンビだった。
 食べ終わったので、誕生日相性事典的な分厚い本の続きを読んだ。こういう本のある店はいい店だと、なんとなく決めつけている。ゆっくり過ごしたあとは今井書店へ。TOEICの対策本を買ってみた。さて、ちゃんと使うのかどうかはわからない。

 

m(_ _)m

 

 

 

TOEICテスト書きこみノート 全パート攻略編

TOEICテスト書きこみノート 全パート攻略編

 

 

ポークカレー【KARLY】

https://www.instagram.com/p/BO95qK1gLTb/

 

 なんだか最近、だいたいが寝る、食う、温泉行く、になっているような気がしてきたので、これは記録をとった方がいいんじゃないかと思い始めた。思い始めたのは、1ヶ月以上前だから、これはつまり怠惰である。まだ1つも記録らしい記録を書いていない。
 というわけで、今回はそんな試みの試みであり、わりと普通のブログっぽいブログである。前から気になっていたカレー屋さんに行ってきた。

●◯。。。...

 松江にはカラコロ工房というイベント広場があって、なにかやるときは大抵「じゃ、カラコロで」となる雰囲気がある。となると、自然、お昼ご飯はその周辺で食べることになるわけで、「そんじゃあ、ご飯でも行きますかー」と南殿町の路地に出ると、カレーのおいしそうな匂いがふんわり漂ってくる。「お、そういえばカレー屋さんがあったんだよなぁ」と毎回ちら見する。だけれどこれが、毎回の行列なのだ。2・3人が外で待っていて、美味しさを訴えかけてくるんだが、如何せん、そういうときには時間がない。また今度となって、いつかまたとなって、今になった。
 だから、今回は夜だった。「夜なら開いてるやろ」という思いつきが功を奏した。故に念願のKARLYだったかもしれない。

karlykarly.com

 店内は町家をリノベーションしたような雰囲気で、奥に向かって細長い。突き当りに2人がけのテーブル席が3つあって、その真中に通された。左側には30代半ばから後半に思える男女、右側には20代前半かそれより若い男女が座っている。なんだかそわそわしなくもない。

 とりあえずポークカレーを注文する。辛さが選べるってことだったので、わけも分からず2辛にしてみた。せっかくカレー屋さんに来たのだから、ちょっとは辛いカレーに挑戦したくなるものなのだ。辛いのには、そんなに強くないけど。
 そうこうしているうちに、右隣の若い男女にカレーが運ばれてきた。大きなお皿に、小さめのお椀をひっくり返したようなご飯の丘がポコリと出ている。こりゃあ、ちょっと量が少ないか、と心配になったのだが、それよりも、運ばれてきたカレーを無視してスマホのゲームを続ける若い男性がやたらに気になってしまった。女性の方はそれを注意するでもなく、何やら話しながら食べている。1分、3分、5分。まだ食べない。あったかい内に食べればいいのに、とお節介な感情が出てきたものの、そんなことを言う気は全くないし、相手にも聞く耳はないだろう。というか、あの男女はどういう関係なのか。兄妹のようで似ていなくて、カップルのようで仲良く見えない。未だにわからないのである。

 ポークカレーが運ばれてきた。たぶん、めっちゃ煮込んだんだろうなぁ、ってお肉がとろけて非常においしい。そして、辛い。2辛でもすんごい辛くて、汗っかきにはつらい。何度も額にティッシュをあてながらおいし辛いカレーを楽しむ。気にかかっていたご飯の量も全然問題なかった。ペターっとお皿に押しつけられた感じで、それなりの量が盛られている。右の男性もやっとこさ食べはじめたようだ。左の男女は既に食べ終わっていそうな雰囲気。女性の職場の若い子がスマスマの最終回の翌日に休んだとか、そういう話をしている。目が腫れて出られないくらい泣いたとかで、そんなわけないだろーと思ったらほんとにめっちゃ腫れてて笑った的な話が聞こえてきた。
 かっらいカレーと戦い、気がつけば満腹である。いやぁ、満足。会計を終えて店を出ると、汗をかいた身体に冬の冷たい空気がしみわたった。次も夜、そんでもって、もう一回ポークカレーだな、と思った。

 

m(_ _)m

 

 

 

ぎおんご ぎたいご じしょ  新装版

ぎおんご ぎたいご じしょ 新装版

 

 

無理が上から降ってくる、サラリーマン的哀しさについて

f:id:meta-kimura:20160911154221j:plain

 経営者ってのは、そんなもんじゃないの、と、名古屋で会った友達は言った。今の上司がさ、社会人になってから初めて出会うレベルの馬鹿なんだよね、と、東京で会った友達は言った。どちらも仕事上の話で、どちらも指示に関係する話である。
 一方は、大量の郵送タスクに対して、住所が与えられていなかった。他方は、2つのタスクがふってきたときに、優先順位が与えられていなかった。優先順位を確認したときの答えは、どちらもやれ、であったという。それでは間に合わない、が現実の状況である。
 あるある話だよなぁ、と思う。これがあるある話になっている、ってことに、ある種の哀しさを感じる。住所がないと言った友達は、もちろんそれを確認する術がなかった。名前と肩書きから、ひとつひとつ検索して、見つからんかったらどうするかなぁ、とボヤいた。

●◯。。。...

 仕事とは、そういうものである。と言われればそれまでだろう。なんせ仕事は上から下へ流れるものだからだ。逆流したり、中間あたりで流れがぶつかったりすることも多いんだけど、通常は上から下である。上の采配に口出すことはまかりならず、結果としてサラリーマンの悲哀が生まれる。
 三角形の底辺はわかっているが、高さは不明である。さぁ、面積を求めなさい。前職にいたとき、そんな指示を理不尽だと言ったことが、わたしにもあったような気がする。諫言は聞き入れられないところまでがテンプレであって、きょとんとした顔でこう言われるのだろう。高さがあるなら、面積は誰にでも出せる。高さを見つけ出すのがあなたの仕事ではないのか、と。当然、このコミュニケーションは成り立っていない。底辺の長さだけで三角形の面積を求めることは不可能なのだ。

 ここでは2種類のタスクを考えなくてはならない。固いタスクと柔らかいタスク、仮にクローズドタスクとオープンタスクと言ってみる。前者はパズルみたいなもので、パーツが揃ってないとどうしようもできない。後者は絵を描くようなもので、こたつとみかんとネコを描けと言われたとしても、それなりの自由度が残っている。前者は正確性が求められるし、後者は相手の好みに合ったものが求められる。これらはカッチリわかれるものではなくて、人によってもクローズ性とオープン性の度合いは変わってくるものだと思う。
 上に書いてきたような指示の理不尽さは、クローズだと認識しているところに、オープンな扱いがくるために起こると考えられるってことだ。まぁ、だからといって、このピースが足りませんよと伝えたところで、状況が変わりはしないだろう。上流の流れは上流でしか変更がきかないことが多い。未完成のパズルを未完成のまま、三角形の高さを目分量で適当に設定したまま、なんとなく完成したように見せかけて持っていき、意外とそれがすんなり通っていくというのも、また、あるある話だったりするのである。上もピースを全て持っているわけじゃなかったりするから、話は難しい(領収書なくしてたりね)。

●◯。。。...

 これらの曖昧を人間らしいと言って、可愛がることもできなくはないだろう。だけども、個人的には、もうちょい理を立ててくれないかと、思うことが多い。無理が通れば、道理がひっこむ。いつの間にか、これが大変に嫌いな言葉になってしまった。パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない。彼らはさらりとそう言ってのける。お菓子を選択できるのは、あなたがその地位にいるからなのだ。
 せめて、無理を無理だろうと認識するぐらいのことはして欲しいもんだ。困難と無理は決定的に違う。そういう良識を持った人が、ちょいとでも増えてくれたら、過ごしやすい世の中になるのになと、思う。

 

m(_ _)m